米国ではApple Camp 2021の受付を開始、店頭や自宅でのアクティビティに対応

米国ではApple Camp 2021の受付を開始、店頭や自宅でのアクティビティに対応

Apple Campは、子供たちが創造性を探求するのを手助けする体験型の活動を集めたものです、2021年に向けて、Appleは若者が発見できる店舗内および家庭内体験の新ラインアップを復活させました

「Apple Camp」では、「Clips」アプリを使って子どもたちを動画で招待し、一部のApple Storeでライブセッションが提供されるほか、「30 More Creative Activities for Kids」を含むPDFガイドがどこでも閲覧ででき、プログラム活動は8歳から12歳の子供を対象としており、登録は無料です

パンデミックが発生する前、Apple CampはCreative Proが地元のApple Storeで主催していました

昨年の夏、同じチームのCreativesが30分と60分のバーチャルセッションを開催しました、今、Appleは子どもたちをストアに呼び戻し、2時間のセッションでiPadを使って短いビデオを制作しています

Apple Camp 2021への参加登録は現在受付中で、セッションのスペースには限りがあります。お申し込みや詳細については、Appleのウェブサイトをご覧ください

(Source Apple , Via 9to5Mac.)

当記事アップロード時

日本では未だ昨年の「Appleホームキャンプ 2020」になっています、近日中にはアップデートするものと思われます










LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)