中国の中期ショッピングフェスティバル「618」でiPhoneの販売台数が16%アップ

中国の中期ショッピングフェスティバル「618」でiPhoneの販売台数が16%アップ

オンライン小売業者JD.comが主催する「618」ショッピングイベントで、6月に中国でiPhoneの販売台数が著しく増加しました、報道によると、AppleのiPhone販売台数は16%増加しました

JD.comは、6月1日のセール開始からわずか5秒で、1億元相当のiPhoneやその他のApple製品を販売したといいます、今回のセールで消費者の関心が高かった理由の一つは、iPhoneが大幅に値引きされたことです

Counterpoint data 002
中国のお客様は、ショッピングイベント期間中、128GBの「iPhone 12」を少なくとも1,100元の割引価格で購入することができました

スポンサーリンク


iPhoneの売上は、米国からの貿易禁止措置を受けて新しいスマートフォンを発売できないでいるファーウェイから、印象的な新製品が出なかったことによって、さらに助けられました

Vivo、Oppo、Xiaomiなどの他のブランドも、中国のスマートフォン市場からHuaweiが撤退したことを利用しました

Counterpoint data 003
しかし、このショッピングイベントで飛ぶように売れたのはApple製品だけではありませんでした、Samsungのスマートフォン販売台数も、このショッピングイベント中に200%以上増加したと報じられていいます、Xiaomiはまた、販売開始から数分で1億元以上の製品を販売しました

JD.com以外にも、TmallやAlibabaのような中国の主要オンライン小売業者は、顧客を引き付けるために、今年中に独自のショッピングイベントを立ち上げました

China Smartphone Sales Rebound During Shopping Festival


(Via Counterpoint.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)