Apple、 Apple Store 従業員を対象に「Retail Flex」のハイブリッドモデルをテストへ

Apple、 Apple Store 従業員を対象に「Retail Flex」のハイブリッドモデルをテストへ

Bloombergの最新記事によると、Appleは今年中に新しい「Retail Flex」プログラムのテストを計画しており、小売店の従業員が「数週間は小売店で勤務し、それ以外の数週間はリモートで勤務できる」ようにします、在宅勤務の従業員は、オンライン販売、技術サポート、顧客サービスに従事することになります

レポートには次のように説明されています

このようなプログラムの創設は、世界の多くの地域で経済の再開やワクチンの入手が可能になったにもかかわらず、COVID-19によって加速されたオンラインショッピングの拡大傾向が続く可能性があることを認めたものです。関係者によると、従業員は特定の期間中、店舗内の需要とオンラインショッピングの需要に応じて、店舗と遠隔勤務の間を行き来することになるとのことです。


同社はパイロットプログラムに参加する従業員に対し、少なくとも6カ月間は参加するよう求めています。Appleは、新しいiPhone、iPad、Mac、Apple Watch、AirPodsのリリースが予定されている9月から12月にかけて、契約を拡大する計画です。Appleの広報担当者は、同社の小売部門の人員計画についてコメントを控えています

スポンサーリンク


AppleがCOVID-19のパンデミックのために直営店の閉鎖を余儀なくされたとき、多くの小売部門の従業員は、オンライン販売とカスタマーサポートを管理するリモートワークを任されていました

この新しい「Retail Flex」プログラムは、Appleがすべての小売店舗を再開しているにもかかわらず、基本的にはその継続です

Retail Flex 002

報道によると、AppleはRetail Flexパイロットプログラムに参加した従業員に対し、オフィス機器に対する最大100ドルの払い戻しと、家庭でのインターネット使用料の支払いを行います

Appleは今年中に、法人向けのハイブリッドアプローチを計画しています、9月から、企業の従業員は月曜、火曜、木曜にAppleのオフィスで働くことが期待されていますが、水曜と金曜には在宅勤務を選択できるようになります

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)