iOS 15は、新しい食品追跡機能、UIおよびメッセージアプリの微調整などを採用する可能性

iOS 15は、新しい食品追跡機能、UIおよびメッセージアプリの微調整などを採用する可能性

AppleがiOS、watchOS、tvOS、macOSの次期メジャーバージョンを発表するWWDC 2021まであと2週間です

アップデートに関する詳細はこれまでのところほとんど明らかにされていませんが、新たな噂によると、AppleはiOS 15向けの通知機能の改善や、新しい食品追跡機能などに取り組んでいると言われています

噂の出所はConnor Jewiss氏で、Appleについての噂やリークに関しては何の実績もありません、それでも、Jewiss氏が正しい可能性はあります


スポンサーリンク


詳細は不明ですが、BloombergのMark Gurman氏が今年の初めに報じたところによると、Appleは今年iOSに新しい通知オプションを実装したいらしい

Gurman氏は今日のツイートでJewissのリークを裏付けているようで、「更新された通知バナーを忘れないように」と言っています

噂に基づくiOS 15のもう一つの変更は、ヘルスアプリに新しく導入される「食品追跡」 機能です

また、AppleはApple Watchのユーザーを対象に、このデバイスを使って食生活をモニターしているかどうかを調査しており、Apple Watch Series 7での搭載が噂されているグルコースモニターについても質問していることから、この可能性は低くないと考えられます

Bloombergの4月の記事によると、iOS 15ではiPadのホーム画面が新しくなり、プライバシーオプションがさらに増える見込みです

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)