主要調査によると、米国の10代の若者の間でiPhoneの人気が新記録を更新

主要調査によると、米国の10代の若者の間でiPhoneの人気が新記録を更新

投資銀行・機関投資家向け証券会社の大手、Piper Sandler Companiesは、米国41州の平均年齢16.2歳のティーンエイジャー5,200人を対象に、裁量的な支出傾向とブランド選好に焦点を当てた第39回半期調査「Taking Stock With Teens」 を実施しました

ジェネレーションZ(生まれたときからインターネットが当たり前のように存在する「デジタルネイティブ」な世代)は、米国の小売売上高に年間約8,300億ドル貢献しており、支出と割り当てがカテゴリーの関心の代理となる影響力のある消費者グループを代表しています

Piper SandlerのシニアリサーチアナリストであるErinMurphy氏は、次のように述べています

今日のティーンは以前にも増してネットに接続されており、週平均12時間をソーシャルメディアに費やし、53%がAmazonをトップeコマースサイトとし、Netflixを日々のコンテンツの定番として選び、85%がiPhoneを所有しています
ブランド嗜好に関連しては、ファッションのカジュアル化が引き続き進んでおり、Nikeは第1位のブランドとlululemonが第6位の好ましいブランドとして新たな調査においてシェアを獲得しました

スポンサーリンク

ティーン向けブランドの好み

  • Chick-fil-Aは5回の調査で1位を維持;スターバックスは2桁のシェア
  • 10代の若者の間で最も好まれるスナック・ブランドはケロッグ
  • 3年連続で、「ウルタ」は「セフォラ」を抑えて 1位を維持
  • Netflix、1日の動画視聴回数でYouTubeを抜く;「Disney+」がAmazonとApple TV+に先駆けてトップ5入り
  • 10代の85%がiPhoneを所有し、88%がiPhoneが次の携帯電話になると予想しており、いずれも過去最高の調査結果となっています

Piper Sandler 00001 z

(Via Piper Sandler.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)