AppleのiPadは新型コロナウィルス(covid-19)と戦うための重要な医療ツールとなっている

AppleのiPadは新型コロナウィルス(covid-19)と戦うための重要な医療ツールとなっている

サンフランシスコにあるSaint Francis Memorial Hospitalは、同市初の専用治療ユニット 「Covid-19」 を設置した病院で、3月14日に市当局が病院を訪れる人の大半を禁止したことを受け、当初は患者と愛する人をつなぐためにタブレットとスマートフォンに頼っていました

隔離病棟では、COVID-19の患者は、iPadを固定するために設計された装置を使って、IV(静脈内療法)ポールにiPadを取り付けた部屋で休んでいます、iPadには、Mass General社の2,000人の看護師を仮想的に拡張するソフトウェアも含まれてい

看護師は、マスク、手袋、その他の貴重な保護具を着用せずに、この装置を使用して患者を確認し、コミュニケーションをとることができ、ウイルスにさらされるリスクがありません

Mass General社によると、iPadを使ったシステムが導入されてから3週間で、個人用保護具 (PPE) の使用が半分に減り、病院が全国的な不足に対処できるようになったといいます、また、長年病院で遠隔医療に反対してきた人々を、この技術の熱烈な支持者に変えました

スポンサーリンク


Mass General’s Center for TeleHealthを率いるDr.Lee Schwammは、「実際のCOVID-19患者の急増に先行するこのデジタル急増は、米国の医療を恒久的に変革するでしょう」と述べています

Harris Healthは現在、iPadを使って、英語を母国語としない患者のための通訳へのオンデマンドアクセス、薬剤師や栄養士との患者相談、患者の家族や家族とのビデオチャットを提供しています

水曜日には、病院ネットワークは、終末期ケアを合理化し、重篤な状態にある患者の家族に迅速に連絡を取り、患者のベッドサイドに連れて行き、終末期を迎えることができるように設計された新しいシステムを導入しました

(Via Wired.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)