AppleのTileのようなアイテムトラッカー「AirTags」に関して現時点でわかっていること

AppleのTileのようなアイテムトラッカー「AirTags」に関して現時点でわかっていること

Tileのアイテムトラッカー

Tileは人気のサードパーティ製Bluetoothアイテムトラッカーで、アイテムに付ける小さな正方形のデバイスであり、自分のiPhone上のTileアプリケーションを介して簡単にそれを追跡することができます

AirTags tile 00003 z

たとえば、Tile Pro をキーにアタッチし、置き忘れた場合にアプリを使ってキーを見つけることができます、また、マップ上のアイテムの表示、タイル自体のサウンドの再生なども行えます

スポンサーリンク

AppleのAirTags

昨年6月、製品タイプ「Tag1,1」を参照するiOS 13内のアセットについて報告されまいた

このタイプのアセットパッケージは、AirPodsとHomePodをユーザーのデバイスとペアリングできるのと同じ方法で、近接によるデバイスのペアリングに使用されます

iOS 13 ベータ 1 内で見つかり、Apple AirTag がどのようなものになるのかを垣間見ることができ、中央に Apple ロゴが付いた円形のデバイスです
AirTags tile 00004 z

iOS 統合

Apple AirTagsの真のセールスポイントは、iOSとの統合になります、iPhone、iPad、またはMacの「探す」を介してアイテムトラッカーにアクセスできると考えられています

アイテムトラッカーが利用可能になると、追跡対象として選択したすべてのものの新しい「アイテム」タブが「探す」アプリケーションに表示されます

アイテムトラッカー自体は、AirPodsと同様に、iPhoneに近い方法でユーザーのiCloudアカウントにペアリングされます

ユーザーは、iPhone がタグから離れすぎると通知を受け取ることもできます、たとえば、iPhone がキーやウォレットから離れすぎると警告を表示する場合があります

特定の場所を無視した場所のリストに追加して、通知を受け取らなくてもアイテムをその場所に残すことができます

さらに、Appleのアイテムトラッカーを「ロストモード」にすることで、タグに連絡先情報が保存され、他のAppleユーザーがその情報を読み取ることができ、そのような場合は、アイテムが見つかったときに通知が届きます

Appleアイテムトラッカーは、多くの点で、「探す」の新しいオフラインロケーション機能とよく似ています、Appleは膨大な数のアクティブなAppleデバイスを利用して、クラウドソースネットワークを作成し、そこからスタンドアロンのアイテムトラッカーを実行できるようにしているようです

iOS 13.2で、AppleがTileのようなアイテムトラッカーを「AirTags」と呼ぶ予定であることを示す情報も発見されました、またAirTagsが交換可能なバッテリーを持つことを示唆していますしスクリーンショットは、AirTagsがiOS上の「探す」アプリと統合する方法を示しています

AirTags tile 00002 z

つまり、Appleの物理的なアイテムトラッカーをウォレット、キー、バックパックなどのデバイスに接続し、iOSデバイスとMacの「探す」アプリを介してそのアイテムを追跡できることを意味します

スポンサーリンク

Apple AirTagsの入手可能時期と価格

AppleのAirTagsの価格情報はほとんど知られていません、Tileのアイテムトラッカーは30ドル以下で持つことができます

おそらく人々はそれらを複数購入したいので、Appleはそのアイテムトラッカーを比較的手頃な価格にしようとしますが、現時点では詳細は不明です

入手可能時期については、アナリストMing-Chi Kuo氏は最近の投資家メモで、Appleのサプライヤが今年の第2四半期または第3四半期にAirTagsの大量生産を開始すると述べました

Appleは 6月のWWDCでAirTagsを発表するか、iPhone 12と一緒に9月に発表する可能性があります

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)