Apple、COVID-19の影響を修正し低価格iPhoneを軌道に乗せるために調整

Apple、COVID-19の影響を修正し低価格iPhoneを軌道に乗せるために調整

COVID-19は、Appleのグローバルサプライチェーンに影響を与えています、しかし、それはiPhoneメーカーが2020年に大きな変化を計画するのを、たとえ収益が落ち込んでも妨げるものではありません

新型コロナウィルス(COVID-19)の問題

Appleは、コロナウイルスの発生によりサプライチェーンが減速し、世界中の販売に影響を与えたと述べました

同社は、1月に提供した630億ドルから670億ドルの第2四半期の収益ガイダンスを達成できないと述べました

Appleは、その決定が、製造施設の生産量が少ないことによる供給の制約に一部基づいているが、中国全体の売上も減少したと述べましたが、次の四半期の新しい収益ガイダンスを提供しませんでした

スポンサーリンク

生産のシフト

サプライチェーンの問題が解消される兆候は見られず、AppleはAirPods、iPad、Apple Watchの一部の生産を中国から台湾にシフトし始めた、と台湾ニュースは今週報告しました

報告書によると、Appleの中国に拠点を置くパートナーは、3月までフル生産を再開できません、そのため、Appleはできるだけ多くの生産を台湾に移すことを決定し、台湾では、作業とサプライチェーンへの影響が最小限に抑えられています

COVID-19の問題にもかかわらず、Appleは今年後半に新製品の展開計画を変更する兆候を見せていません

低価格のiPhone 9は3月のリリースに向けて順調に進んでいます、また、同社は2020年前半の発売に向けて順調に進んでいる新しいiPad Proに取り組んでいると言われています

iPhone 12ブランドで発売される可能性のあるこれらのデバイスも予定通りです

待望のAppleのAirTag製品トラッカーが今年リリースされると、TF国際証券アナリストのMing-Chi Kuoは今週投資家に語りました

(Via Fortune.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)