プライバシー保護を最も重視するテクノロジー企業のAppleがあなたについて知っていること

プライバシー保護を最も重視するテクノロジー企業のAppleがあなたについて知っていること

プライバシー保護を最重要視

Appleは、ハイテク企業の中で最もプライバシー志向であり、実際にはライバルよりも少ないデータを収集する企業としての地位を確立しています

それでも、ユーザーがサービスの多くを使うならば、特にAppleは、ユーザーの請求情報と、音楽、映画、アプリの購入を含む、購入したすべてのデジタルおよび物理的な商品を知っています

ただし、ヘビーユーザーの場合でも、AppleはiMessagesや同様の個人的なコミュニケーションにアクセスできないように、データの量を最小限に抑えるか、またはデータを暗号化するために多くのテクニックを使用します

Appleがこれを可能にしているのは、広告を通じてではなくハードウェアの販売から、そしてサービスの販売からその収入を得ているからです

Appleは、プライバシーへの取り組みについて、そのビジネスモデルだけでなくコアバリューにも基づいていると主張しています

より少ないデータを収集するために、Appleは可能な限り多くの作業をデバイスに対して実行しようとします、これは、アルゴリズムがうまく調整されていない、処理が遅い、または同じ作業が複数のデバイスに対して行われることを試みます

  • 写真はその一例です。画像をAppleのiCloudに保存していても、Appleはサービスのコンピュータではなく、MacまたはiOSデバイスで顔の識別、グループ化、ラベル付け、タグ付けの作業を行います
  • Touch IDやFace IDなど、デバイスが収集した最も機密性の高いデータの一部はデバイスに残ります

Apple security 00003 z

スポンサーリンク

マップ

Apple はクラウドでいくつかの処理を行う必要がありますが、競合他社を超えてプライバシーを保護するには、いくつかの手順を実行します

まず、あなたの家や仕事のような重要な場所の識別と管理は、デバイス上で行われます、また、クラウドに送信される位置情報は、特定の個人のIDではなく一意のIDコードに関連付けられ、そのIDは時間の経過とともに変化します

位置情報

Appleのマッププログラム以外にも、Appleのアプリケーションを含む他のアプリケーションは、ユーザの許可を得て位置データを利用することができます
Appleは今秋にiOS 13に新しいオプションを追加します

  • 継続的なアクセスを提供するのではなく、ユーザーが自分の位置をアプリと一度だけ共有する機能
  • 日常的な場所のバックグラウンド使用を行っているアプリの場合、Appleはこれらのアプリが表示している場所の地図をユーザーが確認できるようにして、それが本当に共有したい情報であるかどうかを判断できます

メール

ユーザーが (icloud.com、mac.com などを経由して) Appleによって提供されたメールを取得した場合、会社はユーザーの電子メールを保存し、業界で一般的であるように、スパム、ウイルスや児童ポルノのためにそれをスキャンします
Apple が合法的な令状を提示された場合、電子メールは法執行機関にも利用可能になります

iCloud

これはAppleが潜在的に最も個人的な情報を保存する分野ですが、広告やその他のビジネス目的には利用しません
iCloudのバックアップにはメッセージ、写真、そしてAppleの電子メールを含めることができますが、Appleは情報を見ず、裁判所に強制された場合にのみそれを他人に引き渡すと強調しています

スポンサーリンク

メッセージ

青いバブルのメッセージは、エンドツーエンドで暗号化されているため、送信者と受信者のみが見ることができ、Appleもキャリアも他の仲介者も見ることができません

ただし、メッセージを iCloud にバックアップすると、Appleのサーバーにコピーが保存されるため、デバイスを紛失して交換する必要がある場合は、Apple を復元することができます

ユーザーは、MacやPCで iTunesを使用して暗号化バックアップを作成したり、まったくバックアップを作成しないこともできます

Safari

AppleのWebブラウザのSafariを使用している場合AppleはApple IDに関連付けられたブックマークを保存します、そらは暗号化されていますが、Appleは鍵を持っています
次期 iOS 13とmacOS Catalina以降では、Safariの閲覧履歴は完全に暗号化され、Apple はアクセスできなくなります

また、Appleの検索パートナーに移動するデータもあります、Googleはデフォルトですが、Yahoo、Bing または DuckDuckGo を選択することができます

検索バーに入力した各キーストロークを送信してオートコンプリートを有効にするか、または Enterキーをクリックしたときにデータを送信するかを選択することもできます

スポンサーリンク

Siri

Apple security 00004 z
多くのAppleデバイスは「Hey Siri」という覚醒の言葉を聞いているチップを持っていますが、Appleがオーディオの録音を始めるのはその時点でです

スケジュールの次のコマンドなど、一部のコマンドはローカルで処理できますが、他のコマンドはAppleのサーバーに送信されます
Appleはこのデータを個人のApple IDに直接結び付けるのではなく、一意の識別子を使います、ユーザーはその識別子をリセットすることができますが、その後Siriはそれが得たパーソナライゼーションを失います

Appleによると、

ユーザーの音声録音は6ヶ月間保存されるので、認識システムはユーザーの音声をよりよく理解するためにそれらを利用することができます。
6か月後、IDなしで別のコピーが保存され、AppleがSiriの改良と開発に2年間使用します

Apple Pay

Appleは、Apple Payの一部として支払い情報や購入記録を保存しません (Appleの購入に関する履歴と支払いに関する情報を持っています)

Apple Payの販売者は、ユーザーの実際のクレジットカード情報ではなく、トークンを取得します

テレビと音楽

Appleはユーザーが購入した音楽、番組、そしてアプリを知っています、さらに、ユーザーが複数の番組、複数のアプリ、複数のデバイスにまたがって中断した場所をピックアップできるTV Appの機能を提供し、パーソナライズされた推奨を作成するために、Appleは視聴履歴をキャプチャして保存します

しかし、それはユーザーに通知し、できるだけ短い時間でできるだけ少ないデータを保存し、ユーザーがオプトアウトすることを可能にすると述べています(ただし、これによって一部の機能が完全に機能しなくなることを防ぎます)

スポンサーリンク

ユーザーができること

多くの場合、欠点はありますが、ユーザーは Apple が知っていることをさらに少なくするための選択肢がたくさんあります

暗号化された iCloud バックアップを Apple のサーバに保存するのではなく、Mac または PC にのみダウンロードすることもできますが、そのデバイスを紛失した場合、またはバックアップファイルのパスワードを忘れた場合、Apple は紛失したデータの回復を支援することはできません

Appleがあなたに持っている情報をprivacy.apple.comからダウンロードすることもできます

メール、メッセージ、写真、履歴、ブックマークなどのSafariデータなど、デバイスに保存されているデータを削除できます
ユーザーはiCloudに保存されている自分自身のデータを削除することができます

Siriとディクテーションをオフにしてから再びオンにすることでSiriの識別子をリセットできます、これにより、Siriとディクテーションとの関係を効果的に再起動します

(Via Axios.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)