Appleの2019年第1四半期決算報告は、iPhoneだけに依存していないことを示す

Appleの2019年第1四半期決算報告は、iPhoneだけに依存していないことを示す

Appleの2019年第1四半期のiPhoneの販売は軟調に推移したものの、Apple(AAPL)はウォールストリートの利益目標を突破し、過去最高の利益を報告しました、Appleの決算報告によると、iPhone以外の部門が不振を乗り越えたことで、同社は単なるiPhoneメーカー以上のものであることが示されました

Appleの株価は、株式市場で 6.8%上昇して165.25ドルとなりました

アップルサービスの売上高は19%増

サービス部門は、今四半期にAppleの2番目に大きなビジネスで、総収入の 12.9%を占め前年比 19%増の成長を遂げました
Apple Services 00001
Appleの収益報告書は、同社のサービス事業について、以前に明らかにされていたものよりも詳細な情報を提供した。同社のサービスの売上総利益率は62.8%で、アナリストの予想を上回りました
iPhone、iPad、Mac、その他のデバイスを含むAppleのハードウェアは、34.3%の売上総利益率でした

Appleのサービスは、第1四半期に過去最高の109億ドルを記録しました。そのサービスには、Apple Music、Apple Pay、iCloud、AppleCare、App Store、その他の製品が含まれます

スポンサーリンク

Appleの収益報告を受けて注目を集めるウォール街

少なくとも6人のウォール街のアナリストが、収益報告の後、Appleの株価目標を引き下げました

一方、Monness Crespi HardtとUBSのアナリストらは、水曜日にAppleの株価目標を引き上げた。両社ともAppleで買いの格付けをしています

(Via Investors Business Daily.)










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)