Apple、サービス事業において62.8%の利益率を報告、ユニットの利益を初めて発表

Apple、サービス事業において62.8%の利益率を報告、ユニットの利益を初めて発表

サービス事業の収益性について初の開示

本日の2019年第2四半期決算報告で、Appleは投資家にiTunesやApp Storeなどのサービスを含む同社のサービス事業の収益性について初めて発表しました

Appleは、2019年第1四半期に、サービス部門の売上総利益は62.8%で、売上原価を差し引いた後の売上高の割合であると述べました、なお同社の総粗利益率は38%でした
Appleがそのレポートで提供した数字によると、前年同期のサービス売上総利益率は58.3%でした

ソフトウェアベースの製品は、iPhoneの売り上げが極限に達すると、Appleが利益を獲得する機会を得ることが出来ます

スポンサーリンク

サービス事業には、iTunesやiCloudなどが含まれる

Appleのサービスカテゴリに該当するその他の製品には、AppleCare、Apple Music、Apple Pay、iCloudがあります

Appleによると、サービス収入は19.1%増の約 109億ドルで、FactSetのアナリスト予想である108億ドルをわずかに上回りました
Appleは、2016年会計年度のサービス収入(243億ドル)を2020年までに倍増したいと述べています

Appleが四半期ごとに販売しているiPhone、iPad、およびMacの数を報告しないことをAppleが発表すると株価は下落しました

KeyBanc Capital Marketsのアナリストは、先週顧客に配布したメモの中で、当四半期のサービス売上総利益率が59%であると予測していました

Appleは、2019年第2四半期のサービス事業の売上総利益についてのガイダンスを提供しませんでした

(Via CNBC.)










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)