Appleは、中国の消費者から非公式なボイコットを受けている可能性も

Appleは、中国の消費者から非公式なボイコットを受けている可能性も

米中の貿易摩擦の影響?

Bank of America Merrill Lynchのアナリストは、米中の貿易摩擦の影響から、米国製品としてAppleのiPhoneが非公式なボイコットを受けている可能性があると発表しています

Apple CEOのTim Cook氏が業績の下方修正を投資家に宛てた手紙で「中国市場におけるiPhoneの売上高が予想を下回ったことが業績予想に達しなかった理由のすべてである」とした説明と合致する可能性があります

アナリストの同僚がおこなった調査で、中国とインドの消費者はiPhoneへのアップグレードの関心が低下していると

Bloombergは、IDCデータを使用して、Appleが中国で販売台数がの2位から3位に減少したことと、Xiaomiが急速に台頭し、Appleの闘争が増大しているので、急激な変化がすぐに見られなければAppleが中国の販売台数シェアのトップ3から落ちる可能性があると考えられるとしています
China Apple 00006

スポンサーリンク


また、経済学者はAppleの先行き予測には、スマートフォン業界特有の要因や競争原理が在り、特にテクノロジーに関してアメリカの会社はその対象として犠牲になる可能性があると指摘しています

アナリストは貿易戦争が春まで中国より米国経済に大きな影響を与える可能性も指摘しています

また、中国の成長率は現在米国よりも速く、米国の減速が続いているにもかかわらず、春までには中国の成長が回復し始めると予想しています

しかしながら、貿易戦争では、皆が全てを失うと締めくくっています

(Source Bloomberg , Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)