一つのグラフからiPhone以外の収益へのAppleの魅力の高まりが見えてくる

一つのグラフからiPhone以外の収益へのAppleの魅力の高まりが見えてくる

Appleのサービス事業は、総売り上げの16%を占める

Appleは長年のハードウェア企業ですが、ソフトウェアの役割を強化してきています

Appleは、Appleのデバイスを所有しない人々から収益を上げられるようなサービス会社になることを望んでいるかのようにも見えます

毎年恒例のCES(Consumer Electronics Show)の前に、同社はSamsung TVを通じてApple TVサービスを販売すると発表しました

Appleは、iPhone、Mac、Apple TVストリーミングデバイスを所有していない人々に物事を販売する必要があることを示しています

先週、Tim Cook氏は、中国との貿易緊張に加えて、iPhoneの売上高が低調であったことを理由に、Appleの収益見通しを初めて下方修正しました

投資家への彼の手紙の中で、Cook氏はAppleの成長しているサービスセグメントを代わりに脚光を当てました

スポンサーリンク


そして、それは先の四半期に100億ドルの最高の収入を記録しました、サービスには、iCloudやApple Musicのように消費者が継続的に毎月の料金を支払うような定期的な収入源が含まれています

まだ発表されていないビデオサービスは、その収入を増やすと予測されます
Services made 00001
サービスは、2018年第4四半期にAppleの総売上の約16%を占めましたが、2015年第4四半期の売上は、10%未満でした

サービスの売上は、iPadを上回り、Macの売上には未だ追いついていません、iPhoneの売上高は高価格が原因とも言われていますが、伸び悩んでいます

Appleの多くのサービス(iCloud、Apple Music、Apple Pay)の大部分はまだ部分的にiPhoneの成功に当然左右されます

そのため、サービスの収益を増やすことは、そんなに簡単ではありませんが、他の方法よりも優れています

(Via Recode.)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で酔いどれをフォローしよう!










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)