AppleのFace IDでベゼルを完全になくすことが出来る新しいOLEDセンサーが発表される

AppleのFace IDでベゼルを完全になくすことが出来る新しいOLEDセンサーが発表される

ノッチがなくなる

AppleのサプライヤであるAMSは、スマートフォンの画面の裏側に配置することで、そのようなセンサに必要な面積を減らし、大型ディスプレイを可能にする光と赤外線の近接センサを開発したと発表しています

AMSは、最新のiPhoneの3D顔認識機能用の光学センサーをAppleに提供しています
Appleが決算予測の下方修正を出した後の木曜日の株価は5分の1下がったが、それ以降はほぼ回復しています

AMSはOLEDディスプレイに関して次のように述べています

この”behind OLED”環境光/近接センサーを開発することにより、AMSはスマートフォンメーカーがディスプレイサイズと本体サイズの可能な限り高い比率を達成することを可能にします

スポンサーリンク


注意すべき重要なことの1つは、Face IDがいくつかの異なるコンポーネントで構成されていることです

赤外線カメラ、投光照明、環境光センサー、およびドットプロジェクターによって動作します
AMSセンサーはノッチを完全に除去するのに十分ではないかもしれませんが、ノッチがなくなる一歩となります

さらに、ノッチには、イヤスピーカーとマイクだけでなく、iPhoneの前面カメラもあり、 Appleがノッチを削除した場合も、これらの両方を移動する必要があります

(Source Reuters , Via 9to5Mac.)










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)