Apple、AirPlayのエラーが修正された「iTunes 12.8.1」をmacOS Mojave以前のユーザにリリース

Apple、AirPlayのエラーが修正された「iTunes 12.8.1」をmacOS Mojave以前のユーザにリリース

iTunes 12.8.1

Appleは、OS X Yosemite 10.10.5からmacOS High Sierra 10.13.6 ユーザ向けに「iTunes 12.8.1」をリリースしています

これまでは、macOS Mojaveをインストールしているユーザしか利用が出来ませんでした

このアップデートでサードパーティのスピーカーとのやりとりを強化するために設計されたAirPlay拡張機能が含まれています

リリースノート:

このアップデートでは、iTunesがサードパーティのAirPlayスピーカーでメディアを再生できないという問題が修正されています。また、マイナーアプリとパフォーマンスの改善も含まれています

ダウンロードはこちらから

追記

OS X Yosemiteの場合アップデートするとSafariが動作不良になるようなので注意が必要です

一部のユーザーは Finferのメニューから「移動」> 「フォルダへ移動…」で / System / Library / PrivateFrameworks /と入力し、「MobileDevice.framework」をゴミ箱にドラッグで修正出来たとの報告があります

(Via ifun.)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で酔いどれをフォローしよう!










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)