オーストラリアの高校生がAppleのサーバーをハッキングし顧客アカウントにアクセス

オーストラリアの高校生がAppleのサーバーをハッキングし顧客アカウントにアクセス

オーストラリアの高校生は、Apple サーバにハッキングし、何度も「セキュアファイル」として記述されたものの90GB をダウンロードすることに成功し、また、10代の少年は顧客のアカウントにアクセスしたと伝えられています

少年の年齢が16歳から始まったと報告されていて、彼のアクセスは、「ユーザにログインアクセスを許可する認可された鍵」を含むと言われています

Appleは最終的に無許可のアクセスを検出し、FBIに報告しました、侵入がオーストラリアからと分かり、オーストラリア連邦警察(AFP)は国際的な調査に加わりました

ハッキングコミュニティで有名だと言われているティーンエイジャーは、VPNやその他のツールを使ってトレースを避けようとしていたが、Appleのシステムは攻撃を行うMacBookのシリアル番号を記録しました

スポンサーリンク


検察は、この襲撃によって2台のAppleノートパソコンが押され、シリアル番号は内部システムにアクセスしたデバイスのシリアル番号と一致していました

携帯電話とハードドライブも押収され、IPアドレスは組織への侵入と一致しました

十代の少年は有罪判決を受け、来月に刑を言い渡されます、少年の弁護士は、少年はAppleのファンであり、そこで働くことを望んでいたので、攻撃を行ったと言いました

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)