スマート・スピーカーは、今年の米国マーケットではウェアラブルを追い越すと予測されている

スマート・スピーカーは、今年の米国マーケットではウェアラブルを追い越すと予測されている

スマート・スピーカーマーケットの劇的成長

Techの調査会社であるeMarketerは、スマートWatchのようなウェアラブルを今年のある時点で追い抜くことを期待して、米国のスマート・スピーカーマーケットの劇的な成長を予測しています

Business Insiderは
eMarketerの最新の予測によると、米国のスマートスピーカーユーザーの数は、2016年から2020年の複合年平均成長率(CAGR)が47.9%(1600万から7650万)に上昇するだろう

eMarketerの新しいデータは、このデバイスの予想以上の採用を示しており、大人のスマート・スピーカーユーザーの数は今年初めてウェアラブルユーザーを上回るでしょう

スマート・スピーカーは、平均的なユーザープロファイルは、依然として初期のテクノロジーアプターのもので裕福で年上の男性です、しかし、特に子どもを育てる世代の若い世代の女性の間で、この装置が牽引力を得るにつれて、この格差は急速に縮小しています

スポンサーリンク

AppleのHomePodは

Amazonのエコーは、米国で最も普及しているスマートスピーカーであるアレクサは、スピーカーの競争が激化する中、シェアを失いつつあります
Smart speaker eMarket 001 z
Googleホームは2番目で、2017年後半の低コストモデルの発売は、Amazonからシェアを得るのに役立つでしょう

その一方で、AppleのHomePodは、主にその高価なプライスのために、市場に打撃を与えることにはなっていません

スマート・スピーカーは、2020年まで米国の音声アシスタント市場の大部分を成長させるであろうが、音声コマンド機能を備えた唯一のデバイスです
消費者はスマートフォンで音声アシスタントを使用する可能性が最も高いですが、この技術はミラーからライト、アラームシステムに至るまでの他のスマートホームデバイスに統合されています

eMarketerは、米国人口の27.6%にあたる9000万人が、2018年に月に少なくとも1回、どのデバイスからか音声アシスタントを使用すると予想しています

(Source Business Insider , Via 9to5Mac.)


AppleのHomePodは、価格の高額なことばかり言われていますが、プライスが高く厳しいと言われたiPhone Xは、殆どのアナリストの予測を覆しました

本当にプライスだけなのでしょうか?

使い勝手とか、他のデバイスとの連携、音質、セキュリティなどを考え合わせないと本当のところが見えてこないのではと思います

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で酔いどれをフォローしよう!










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)