Apple、WWDC 2018 基調講演のメディア招待状を送る

Apple、WWDC 2018 基調講演のメディア招待状を送る

WWDC 2018

Appleは本日、6月4日(月)午前10時(太平洋標準時)に基調講演を予定している同社の2018年Worldwide Developers Conferenceのため、さまざまなニュースとメディアサイトへのプレス・インフォメーションを発表しました

Appleが新しいソフトウェアとハ​​ードウェア製品を導入するために、Worldwide Developers Conferenceの初日に基調講演会を開催することは伝統です

今年は、会議でiOS、macOS、tvOS、watchOSの新バージョンが登場する予定で、Appleがこのイベントを使って新しいiPad Proモデルと新しいMacを発表する可能性もあります

Appleは、HomeボタンとFace IDのサポートなしで、iPhone Xスタイルのエッジトゥエッジディスプレイを搭載したアップデートされたiPad Proに取り組んでいると噂されています、しかしこのデバイスがWWDCでデビューする準備ができているのかどうかは明らかではありません

スポンサーリンク


Appleは、WWDCでしばしばリフレッシュされたMacを紹介しており、iMac、MacBook Pro、MacBookは2018のリフレッシュが期待されています

AppleがWWDCイベントを使用して、AirPods(充電ケース)と同時に、Apple Watch Series 3、iPhone X、8および8 Plusモデルを充電するように設計された待望の充電マットであるAirPowerも期待されます

Appleは、3月に今年のWorldwide Developers Conferenceがカリフォルニア州サンノゼのMcEneryコンベンションセンターで再び開催されることを発表しました

これはAppleが2つのクパチーノキャンパスとサウスベイにある無数のオフィスビルに近い場所にあるSan Joseでイベントを主催する2年目で、過去の会議はサンフランシスコのMoscone Westで開催されました

(Via MacRumors.)










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)