Apple、TVアプリを通じてビデオ購読を始める計画

Apple、TVアプリを通じてビデオ購読を始める計画

開発の戦略は、ライバルのAmazon.comのよう

Appleのケーブルテレビを再構築する計画は、ライバルのAmazon.comの戦略によく似ているように見えます

Appleは、App Storeから個別にダウンロードされたアプリを通じてユーザーに購読を依頼するのではなく、TVアプリを通じて直接特定のビデオサービスの購読を開始する予定だと言われます

これにより、プロセスが簡単になり、Apple TV、iPhone、iPadでAppleのTVアプリが強化され、人々がコンテンツを見つけて見て購入する中心的な場所になります

Appleにとっても、2021年までに年間500億ドルの収益を上げることを期待しているサービス事業を引き続き強化する別の方法となると思われます

Appleは、AmazonがChannel番組で行っているようにTVアプリのポジショニングを進めています、これは、顧客がHBO、Starz、Showtimeの購読をAmazonプライムビデオに追加できるようにするものです

AppleはiTunesのおかげで映画やテレビ番組の最大の売り手の1つにもなっているが、今や個々のタイトルのオンライン販売を置き換えるオンデマンドサービスの波には乗っていません

ライバルのAlphabet Inc.が所有するNetflixとYouTubeは、中国以外の世界で2つの最大規模のオンラインビデオサービスを運営しています

スポンサーリンク

Appleがサービス事業を強化し続けるのを助ける

Appleのリーダーシップは、過去数年間にオンラインビデオ事業に参入するさまざまな方法を探求してきたが、いずれの方向にもコミットしていません

Appleは、YouTube、Hulu、Dish Network Corp.の最近の取り組みの前に、ライブTVチャンネルのオンラインパッケージを作成することを歓迎しました
また、HBO、Starz、Showtimeなどのプレミアムチャンネルのパッケージを割引価格で作成しようとしました

Appleは、ライブTVサービスの代わりに、既存のアプリからコンテンツを集め2016年にテレビアプリを立ち上げました

調査会社のEMarketerによると、Apple TVの市場シェアは、Roku、Google Chromecast、Amazon Fire TVに匹敵すると言っています

(Via Bloomberg.)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で酔いどれをフォローしよう!










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)