アムネスティ・インターナショナル、Appleが中国のiCloudユーザーを裏切ったと批判

アムネスティ・インターナショナル、Appleが中国のiCloudユーザーを裏切ったと批判

アムネスティ・インターナショナル(国際人権救援機構)は、中国のAppleのクラウドサービスに保存されているテキスト、写真、電子メール、連絡先、その他の情報は、政府から簡単にアクセスできるようになったと、主張しています

Appleは象徴的な “1984”の広告で自由な表現のチャンピオンとして有名になった

アムネスティのブログ記事によると、中国の新しい法律を遵守するため、Appleは先月、中国の企業が運営するサーバー上で中国のユーザーアカウントをホストし、暗号化キーは現地のプロバイダーによって管理されています、この権利グループは、以前は中国のアカウントを見るために、北京は米国の法的制度を通過しなければならなかったと述べています
今、共産党当​​局者は、中国の準拠した裁判所を通過することができる

「Appleの利益追求により、中国のiCloudユーザーは、新たなプライバシーリスクに晒されてしまった」とアムネスティの東アジア担当ディレクターのNicholas Bequelin氏は声明で主張しました

スポンサーリンク


Appleは第1四半期に中華圏で179億ドルの過去最高の利益を報告した。前年同期の162億ドルから増加しました

一部の見積もりによると、中国本土はiPhoneユーザーの中で最大の市場です

「中国のiCloudサービスを十分なセーフガードなしに現地企業に引き渡すことで、中国当局は現在、すべての中国の顧客のiCloudデータへの自由なアクセスを可能にしている。アップルはそれを知っているが、中国の顧客にはリスクを警告していない」とBequelin氏は語っています

今週の人権団体は、Tim Cook氏の北京訪問と同時に、Appleを狙ったソーシャルメディアキャンペーンを開始しました

ロイター通信への声明の中で、Appleは新しい中国の法律を遵守しなければならず、最終的にはサービスを中止するよりもユーザーのデータのプライバシーとセキュリティ問題の可能性はあるが、iCloudのローカルホスティングを許可する方が良いと判断した

「私たちは、これらの法律の対象となるiCloudに対して提唱したが、最終的には成功しなかった」と言いました

(Via TIME.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)