Morgan Stanley:Appleのサービス部門は今後5年間でiPhoneの収益に取って代わる

Morgan Stanley:Appleのサービス部門は今後5年間でiPhoneの収益に取って代わる

Morgan Stanleyのアナリスト、Katy L. Huberty氏によると、Appleの iPhone Xはうまく売れていないかもしれないが、そのサービスプラットフォームは巨大な上昇を遂げている

Morgan Stanleyのアナリスト、Katy L. Huberty氏のメモによると

Appleは携帯電話や端末の販売台数を減らしているかもしれないが、それが定常的になる会社ではない、デバイスの販売に重点を置く代わりに、サービスプラットフォームに焦点を当てることで、近い将来にあらたな会社が見えるはずです

AppleのCEO、Tim Cook氏は、同社の第1四半期の業績見通しについて、今月IPhone Xがうまく売れなかったと述べ株式は、やや損失を受けた

しかし、Huberty氏は「Appleのプラットフォームでは、特にサービスの収益化を通じて価値が高まることがわかります」としてAppleの株価の目標値を203ドルとしました

過去5年間で、Appleの8%の年間収益の伸びの大半(86%)はiPhoneの売上であり、アップルのサービス事業の収益化を通じたものであり、収益の伸びのおよそ60%が現在サービスに起因していると見積もっています。それは、Apple Smart Watchのようなウェアラブル製品と相まって、今後5年間でAppleの成長のほとんどすべてを推進します

とも述べています

スポンサーリンク

サービス収入は最近増加しましたが、デバイスサービス市場と比較して、サービスを支払うユーザーの数は依然として低く、より多くの上昇が存在することを示唆

サービス収入は2年前の25ドルから、デバイスあたり約30ドルとなっているが、「この見積もりでは、サービスの長期収益の可能性を見積もっている」と述べて

第一に、ほとんどのAppleユーザーは現在サービスを提供していないと述べていて「アクティブ」ユーザーあたりの収益は30ドル水準をはるかに上回り、倍増する可能性がある

また、Huberty氏は30ドルという数字は実際に 60ドルだと思っているだけでなく、「100ドル以上になるかもしれない」と考えており、これはAppleのデバイス設置台数の約18%しか有料加入者ではなく、「経常収益の改善の余地が非常に大きい」とも言っています

Morgan Stanleyがまだ完全に収益化していないと考えているサービスのいくつかは・・・

  • Apple Musicはかなり成長していますが、現在のところAppleユーザーの2.9%でしかない
  • iCloudの加入者は増えており、Appleは中国に2つの新しいデータセンターを開設しています
  • Apple Payは米国の小売店舗の50%を占めており、使用率はまだ低い

スポンサーリンク

サービス収入の伸びが、今後5年間でアップルの総売上高の50%以上を占めると予測しています。過去5年間でアップルの売上高の86%を占めているiPhoneは、今後5年間で売上高の22%を占める

  • 収益成長サービスのアカウントが増加
  • Apple s Services 002

  • Morgan StanleyのAppleのサービス部門の予測
  • Apple s Services 003

(Via Businessinsider.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)