投資家は、スマートフォンの中毒から子どもを守るために、Appleにもっと多くのことを求める

投資家は、スマートフォンの中毒から子どもを守るために、Appleにもっと多くのことを求める

2人の大手投資家は、Appleが子供たちの中で増えているスマートフォンの中毒症を減らすために、もっと多くのことを行うべきだと述べました

ニューヨークに拠点を置くJana Partners LLCとCalifornia State Teachers ‘Retirement Systemの手紙には、ガジェットやソーシャルメディアが若者に及ぼす影響についての懸念が広がっています

同氏は、「シリコンバレーをはじめとする世界各地で、新技術の潜在的な長期的影響を最初に考慮する必要があり、その責任を外部に委ねることはできないというコンセンサスが出ている」と述べました

この手紙には、スマートフォンやソーシャルメディアが子供の精神的、肉体的な健康に及ぼす悪影響を明らかにするいくつかの調査が引用されています
例えば、1つの調査では、2300人以上の教師のうち67%が、教室でガジェットに気を散らされている学生の数が増えていると答えており、75%は学生の教育課題に集中できる能力が低下していると答えています

別の調査では、ソーシャルメディアを多用している第8学年では、平均的なスポーツ時間、友人との付き合い、または宿題をする子供に比べ、うつ病のリスクが27%高いことが示されています

スポンサーリンク


この脅威に対抗するために、投資家は共同で20億ドル分のApple株式を管理しており、Appleが児童開発の専門家を含む専門委員会を立ち上げ、情報を研究者に利用しやすくするよう提案した

彼らは、Appleが、そのデバイスへの中毒と戦うために、より多くの選択肢とツールを提供するようにAppleに促した

技術史上最も革新的な企業の1つとして、Appleが次世代の健康と発展に特別な注意を払うことは、Appleとその株主に将来利益をもたらすと考えられる

と述べています

画像元:frickr
(Via USA Today.)












LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)