Apple、病院の患者の手にiPadが渡ることを目指す

Apple、病院の患者の手にiPadが渡ることを目指す

まいど、酔いどれ( @yoidoreo )です。

人間のためのAppleCare

ここ数年、アップルは健康で大きな進歩を遂げました、もしそれが実現すれば、すべての病院患者が手にiPadを持つことになるでしょう

すでに、UCサンディエゴのジェイコブスメディカルセンター、シカゴのメトロサウスメディカルセンター、およそ1年前にロサンゼルスのシーダーズ・シナイー(Cedars-Sinai)の病院で始まっています

今週初め、私はLAに行き、シダーズ・シナイのパイロットプログラムを見学し、患者が自分のバイタル、ケアチーム、教育ツールに直接アクセスできるようにしました

医師はすでにモバイル機器の使用に熟達しており、多くの人は現在数年前から iPadsを使用してきましたが、患者の情報へのアクセスを可能にすることは、医療界ではまだまだ新しいアイデアです

CedarsはEHRソフトウェア「My CS-Link」の作成により、患者の医師からのメモを含め、患者がオンラインで情報を参照することができるようになっています

しかし、iPadがなければ、医師や看護師は手書きで、患者の部屋の裏壁によく見られるホワイトボードに重複した情報を書き留めなければなりません。間違いが起こり、Cedars-SinaiのShaun Miller医師が私に言ったように、スタッフは患者のために情報の混乱や情報の欠如を招くことがあります


スポンサーリンク



プログラム

同病院には心不全ユニットに約50のiPadがあり、EpicのMyChartソフトウェアを使って患者の生体情報やその他の情報を記録しています

これは患者にとって有益なだけでなく、看護スタッフは重複した仕事に悩まされることが多く、患者のケアと検査に必要な情報がすべてあるかどうかを確認する必要があります
しかし、このプログラムはiPad上で教育ビデオを提供し、同時に患者がすべての情報を見るための便利な方法です

別のセクションでは、新しい親は、新生児が病気や早産の可能性がある場合に、赤ちゃんは隔離される必要があります
この様な場合FaceTimeにiPadを使用して母親の声を聞くことができれば慰められるでしょう

もちろん、病院ではランサムウェアのような技術的な問題のリスクとリスクが伴います、しかし心配はありますが iPadsは歓迎されています

(Via TechCrunch.)


私が7ヶ月ほど入院した経験から、採血や検査がある場合に注意事や時間を書いたホワイトボードのようものが、一人一人の目の届くところに、看護師さんが書いて持ってこられます

患者一人一人のところにiPadがあれば、ホワイトボードに書いて配ることは必要なくなります、また検査についての説明も見れるようになっていれば理解も深まって、不安もある程度は解消するのではないかと思います


では、では・・・












COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By Pacheco

    「書道をたどり、患者の部屋の裏壁によく見られるホワイトボード」とあるのですが、よく意味がわかりません。見舞いには行ったことはありますが、入院経験がないからなのか寡聞にして知りません。どういうことを言われているのでしょうか。興味があるもので。

    • By 酔いどれ

      Pacheco さん、ご指摘ありがとうございます

      「書道をたどり」ではなく「手書きで」が正解なので修正しておきました

      今後とも宜しくお願いします

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)