Apple、6月10日から21日までの間に中国のApp Storeから58,000アプリを削除

Apple、6月10日から21日までの間に中国のApp Storeから58,000アプリを削除

まいど、酔いどれ( @yoidoreo )です。

1日だけで22,000を削除

6月22日にAppleがApp Storeから何十万ものアプリを削除したことをお伝えしましたが、別の報告では、中国のApp Storeだけで、Appleは6月10日から21日までで 58,000以上のアプリを削除していると述べています

削除されたアプリの内 33.5%がゲームでした、6月15日にAppleはApp Storeから22,000のアプリを削除した

これは通常より6〜10倍高く、分析会社のASO 100によると、この動きは、AppleがApp Storeを清掃し規制していることを意味しているとしています

6月15日に22,000件のアプリが削除され、Appleの1日の削除制限の6〜10倍の数字になりました。ASO 100は、このような大規模な削除は、AppleがiOSシステム上で中国のアプリ市場を浄化し、規制していることを意味している

Thepaper.cnによると、Appleの大量削除が中国のTencentに対する反撃であるかもしれないと指摘し、彼らは不満を表明しました

TencentはWeChatを所有しています、WeChatは 4月にiOSプラットフォームで現金報酬機能がブロックされています
アップルはプレス時代の事件について何のコメントもしていません


スポンサーリンク




中国のデータ分析企業 ASO 100によると、アップルの動きは意図的に中国のアプリのチップサービスをターゲットにしていなかったし、ユーザーのデバイスにパッチやアップデートを配布する際に開発者がAppleの審査プロセスを迂回するのを助ける特別な抜け穴を解消しようともしていないと述べています

代わりに、オーバーホールは、悪質なアプリだけでなく、規制に違反したアプリを取り除くためのものであると伝えられていたといいます

Appleによって削除された大部分のアプリは本質的には32ビットで、iOS 11との互換性がない可能性が高いため、今秋のiOS 11での新しいApp Storeをリリースする予定です

(Via 9to5Msc , People.cn)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)