Appleが拡張現実(Augmented Reality)で行おうとしている、10の事

Appleが拡張現実(Augmented Reality)で行おうとしている、10の事

まいど、酔いどれ( @yoidoreo )です。

拡張現実(Augmented Reality)

OS 11の重要な新機能の 1つは、AppleがiOSにネイティブARサポートを提供している「ARKit」です

「ARKit」サポートを追加することにより、Appleは世界中の何百万人もの人々が追加のハードウェアに投資することなく拡張現実感を体験できるようにしました

Appleは、言及しませんでしたが、今秋にiOS 11がリリースされると、一部のiPhone、iPadだけがサポートの対象となります

Appleが実際にこの拡張現実(AR)をどのように利用するのか

1. ゲームと娯楽

モバイルゲームは450億ドルの市場です、ARはそれを次のレベルに引き上げることができます

iOSにARKitを追加することで多くのアプリ より豊かでより良い経験(ポケモンのような)を提供します

2. エンタープライズ・オン・ザ・ジョブの訓練とインスタント教育

ARは、限定された事前訓練で複雑なタスクを遂行する可能性があります

企業のAR / VR市場は2021年には90億ドルに達すると予測されています.2,000億ドルの教育ソフトウェア市場は25%で成長しており、ARの大幅な採用を見込むことができます

3. 顔と画像の認識

顔認識はiPhone 8の指紋認識に取って代わるかもしれません

今日の2D顔認識は偽装できますが、3Dは非常に正確です、 Appleは最近、顔認識ソフトウェアを専門とするRealFaceを買収ました

3Dセンサーが利用可能になると、サードパーティーの開発者は、トマトの植物を攻撃する悪性黒色腫を識別して特定するなど、さまざまなアプリケーションで利用することが可能で、スタンドアロン市場ではなく、多くのアプリに組み込まれるようになります

4. 医療と医療診断(遠隔)

技術は多くの医療奇跡の中核であるが、ARは専門家ではなく訓練を受けた医療従事者によるアクセスを可能にすべきです

ポイント・オブ・ケア診断だけでも、2021年までに350億ドル以上になると予測されています、インスタント教育などの医療におけるARの使用の増加は、利益が高く、政府が支援します

5. 緊急事態

ARは、緊急時に避難路を示し人々を出口に導く可能性が高く、法的問題を克服する必要はあるが緊急応急処置は、リモート医療と瞬時教育の組み合わせは、命を救うことができます


スポンサーリンク



6. ホームの改善

ガーデニングや家の修理の助けは、ARの良い使用の場です、車、自転車、家電の配置はARによって強化されるでしょう

米国は2016年に住宅改善製品で3,000億ドル以上を費やしました。ARのウォークスルーを使用して自社製品を適切に使用している企業は、強い競争力も持つことになります
ARのテープメジャーまたはレンジファインダのような簡単なデバイスは、修理見積もりに役立ちます

7. 家具やその他の小売品の購入

イケアでは、椅子やテーブルがあなたの装飾とどのようにマッチするかを視覚化しています

サードパーティの開発者であるHouzzは、消費者がアイテムを配置し、どのようにフィットするかを見ることができます
Loweは3月にARベースの店舗内ナビゲーションを導入しましたが、Google Tangoが必要です、 iOS 11では、iPhoneのインストールベースで同様の機能を利用できます

8. 調理法やその他の消費者の指示

食品レシピはインターネットの必須要素ですが、適切に使用するには特定の才能と知識が必要です

3Dセンサーによって強化されたARは、料理人の 「本」と食料品店、食品会社、さらには栽培者のような食品提供者と料理人を結びつけます、加工食品市場は2016年に4兆ドルでした

9. 不動産

Realtor.comは今年初めにストリートピークとサインスナップをAndroid向けにリリースしました、これらはARへの不動産の第一歩ですが、家具がすでに配置されている状況を購入者は想定することができます

10. 軍隊

世界中の軍隊は、数年間、特に訓練のためにARを使用してきました

ヘッドアップディスプレイは、ジェット戦闘機のARの初期形式です
最近では、AR強化ヘルメットが情報オーバーレイ(2014年のARAのARC4システム)に使用されており、夜間に特に有用です

ARKitとiOS 11が技術を広げ、価格を引き下げることで、軍事技術におけるARの使用が増え、軍事技術の民間利用が可能になると考えられます

(Via APPLE 3.0.)


これなの中には既に利用が始っているものもあります

すでに「Pokémon GO」などゲームの中で拡張現実を体験することもありますし、「Amemil」の様に雨量情報をリアルタイム表示するものもあります
AppleAR 001
これから、どのような利用方法が現れるかも楽しみですね


では、では・・・



アメミル
カテゴリ: 天気, 教育
価格: 無料


リリース日: 2013/06/17
サイズ: 22.8 MB
ユニバーサル対応: iPhone/iPadの両方に対応
バージョン: 6.7
販売元: Shimadzu Business Systems Corporation

ss1 ss2













LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)