Apple、サービス事業の繁栄に向けてストリーミングビズに注力

Apple、サービス事業の繁栄に向けてストリーミングビズに注力

まいど、酔いどれ( @yoidoreo )です。

サービス事業

Appleの収入の大部分は、依然としてiPhone、Mac、iPads、その他のハードウェアからの収入です

しかし、そのサービス事業は急速に成長しているセグメントになっており、その事業部に隠されているコンテンツビジネスは驚異的に成長しています

過去1年間のアップルの総収入の80%強がハードウェアの売上であり、iPhoneの総収入は約3分の2、iPadsとMacsの売上はさらに20%を占めています
Appleのサービス事業は2017年第2四半期では70億ドルを突破し、Fortune 100社の規模にまで成長したと発表しています

このセグメントには、iTunes、iBooks、App Store、そしてApple Music、Apple Pay、GoogleがSafariブラウザで検索エンジンを提供するためにAppleに送金した収入が含まれています

アップルのiPhone事業がわずかに縮小しているにもかかわらず、これはAppleのビジネスの中で最も急速に成長しており、前年比で平均20%の成長を遂げています
SerbisSg 001

サービス事業は、Appleが2016年から2020年の間に2倍の収益を達成するという正式な目標を設定しているため、Appleにとって非常に重要になってきていますが、このセグメントはブラックボックスの一種であり、Appleのビジネスの多くの部分をAppleが明示的に打ち明けるものはありません


スポンサーリンク




Appleのコンテンツ事業からの総収入を見ると、その数はさらに驚異的です、その基準では、2017年3月期の収入は約80億ドルであり、コンテンツ事業の規模は最大の企業規模に近づいています
SerbisSg 002

その四半期売上高は、CBSの四半期純利益の約2倍でした、それは昨年末までの21世紀フォックスの収入総額の大きさでした

この規模と急速な成長は、Appleのコンテンツビジネスを他社とは一線を画しています

これは、元のコンテンツであっても、投資する強力な立場にあります、「The Late Late Show」のホストJames Cordenのシリーズを含む、Apple Musicで再生するビデオの一連の買収で、この取り組みの始まりを見ています

しかし、Appleは単体でのサブスクリプションビデオの提供について真剣になったら、その支出を簡単に増やすことができます

これまでのところ、同社はパートナーと顧客として見えるNetflixと直接競争しようとはしていません

しかし、AppleがNetflixだけでなく、Amazon、HBO、Hulu、そして元のコンテンツに投資する他の多くのプレーヤーにも挑戦し始めることができない財政的な理由はありません

画像元:VARIETY
(Via VARIETY.)

Appleの株価が堅調なのは「iPhone 8」への期待の大きさと共に、サービス事業の売上が大きく伸びていることをアナリストは指摘しています

昨日の9カ国でApp Storeの価格を現地通貨に変更したり、世界中のApple Storeで「Today At Apple」を同時に発表したのも、Appleは今後ますますサービス事業に注力していくことを現しているものと思われます


では、では・・・












LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)