「Today At Apple」は、ユーザーをAppleの「ファン」ではなく「メンバー」への意識か

「Today At Apple」は、ユーザーをAppleの「ファン」ではなく「メンバー」への意識か

まいど、酔いどれ( @yoidoreo )です。

今年最大の始めたこと

「先週、アップルはアップルのコンセプトで今日のことを発表しました。これには、アップルストアでのコンサートや無料のクラスが含まれます。その精神は、製品を購入するのではなく、ブランドの一部となること、ブランドをあなたの一部にすることです」

「これが本当にどれほど重要なのかをはっきりと誇張するのは難しい。なぜなら、アップルは、世の中が変わっていくのを期待しているのだから」とChris Matyszczyk氏はCNETで報告しています

先週発表された「Today at Apple」の広告を見てみると、売り買いの一例は見えません





スポンサーリンク




Appleの製品については、あまりにも多くの人が書いているので、触れるよりもずっと前に知っているかのように感じます

だから店舗は今何のためになるのだろうか?あなたが製品を購入していないときに起こるすべてのもの
新しいiPhoneが起動したり古いiPhoneを修復する必要があるときだけでなく、より一貫性のあるベースであなたをブランドに結びつけるために存在します

Appleは製品を販売するブランドではなく、会員を購入したクラブであると信じさせるために存在します

Appleのファンの古い概念を取り払いました、これはより洗練された、より長持ちの、より規則的なものです
あなたはファンではありません、あなたはメンバーになるでしょう
ファンは興奮して、気まぐれですが会員には一定の地位と永続性があります

Appleは、サービス事業が18%の収益増加を達成したとの最終報奨を発表した、これには Apple Pay、iCloud、App Storeなどが含まれます

これらは、iPhoneやiPadのような周期的なビジネスではありません、新しいビジネスの開始に大きな影響を受けます
だから今の店舗はアップルの総合サービスのさらに大きな部分を占めるでしょう

Appleは毎年多くの製品イベントを開催することができます
しかし、その店舗は、毎月、毎週、毎日、イベントの会場になることができます、これらの出来事はテレビ広告や他の誇大宣伝がもうできないような形で関与し、結びつけることができます

数年後に振り返ってみると、今回始めたことは、iPhone 8の発売に比べて、Appleとの人的関係が大きく変わった新しい方向性のように思えるでしょう

(Via CNET.)


Appleが企業としてどのようにユーザーとの関係を構築していくのが良いのかとの考えを示していると思います

一時的でなく、長く何時までもAppleの製品利用してもらうために、ただ単に製品を売ったり修理をしたりするだけでなく、その製品から広がる利用方法や未来について提案していくと言うことなのでしょうね


では、では・・・












LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)