iCloudのユーザーデータにアクセスするサードパーティ製アプリケーションで「2ファクタ認証」が6月15日以降必要に

iCloudのユーザーデータにアクセスするサードパーティ製アプリケーションで「2ファクタ認証」が6月15日以降必要に

まいど、酔いどれ( @yoidoreo )です。

2ファクタ認証

アプリ固有のパスワードは、iCloudのユーザーデータにアクセスするサードパーティ製アプリケーションの必須要件となるように設定されています

現在のところ、アプリ固有のパスワードは、電子メールクライアントなどの非ネイティブアプリが2ファクタ認証で保護されているiCloudアカウントにログインできるようにするために使用されます

セキュリティ対策により、ユーザーは、Apple IDパスワードを第三者に開示する必要がなくなり、Appleが提供していないアプリやサービスにiCloudアカウントを引き続きリンクすることができます

Appleによると

6月15日から、Microsoft Outlook、Mozilla Thunderbird、Appleが提供していない他のメール、連絡先、カレンダーサービスなどのサードパーティアプリケーションを使用してiCloudデータにアクセスするには、アプリ固有のパスワードが必要になります。


プライマリApple IDパスワードを使用してサードパーティのアプリに既にサインインしている場合、この変更が有効になると自動的にサインアウトされます。アプリ固有のパスワードを生成してもう一度ログインする必要があります

(Via MacRumors.)


スポンサーリンク



「2ファクタ認証」に関する記事













LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)