Apple、HomePodおよびHomePod miniの販売台数が前年同期比245%増に

Apple、HomePodおよびHomePod miniの販売台数が前年同期比245%増に

Omdia社の最新レポート「Smart Speakers Market Tracker」によると、2021年第2四半期の米国におけるスマートスピーカーの出荷台数は、前年同期比でわずか16%、前四半期比では27%減となり、鈍化しました

Appleの米国におけるスマートスピーカー「HomePod」の売上は、2020年第4四半期以降、毎四半期3桁の伸びを示していました

HomePod mini 00001 z

スマートスピーカーの出荷は2021年第2四半期に減速し、前年比はわずか16%でしたが、四半期の出荷は27%減少しました、事実、Googleのスマートスピーカーが第1位を獲得し、四半期中に約80万台の出荷台数でAmazonを上回りました

Amazonの四半期決算は芳しくありませんでしたが、2021年上半期 は、依然として42%のシェアを持つと推定されるAlexaプラットフォームで、37%のシェアのGoogleや21%のシェアのAppleよりもわずかに勝っています

スポンサーリンク

Appleは3桁成長を続ける

2020年第4四半期以降、Appleのスマートスピーカーは米国で四半期ごとに3桁増加しており、2021年第2四半期も同じでした

Omdiaによると、HomePodとHomePod miniはともに、米国で2021年第1四半期に他のすべてのスマートスピーカーモデルよりも販売台数が多かったと推定しました、米国では、第3位はGoogle miniで、出荷台数は約777,000台、第3位はEcho Dotで、米国での出荷台数は730,000台でした

Appleのスマートスピーカーは歴史的な速さで成長を続けていいます、実際に米国のスマートスピーカー市場におけるAppleのシェアは、2020年第1四半期の9.6%から2021年第1四半期は21%に増加しており、前年同期比で約245%増加しています

初代のHomePodの販売中止は、Appleファンが残りの在庫を買いに走ったことが、成長の急増につながった可能性があります

とはいえ、スマートホームの新しいアプリケーション層「Matter」が具体化してくると、Apple、Google、Amazonを含めた米国3大ブランドの中で、Appleが最も恩恵を受けることになりそうです

しかし、勢いを維持するために、Appleは別のスピーカをリリースする必要があります、例えば、ポータブルスピーカやディスプレイ付きスピーカをリリースすることで、Appleを新たなレベルに押し上げることができるかもしれません
Q2 2021 Homepod 001

ディスプレイ付きのスマートスピーカーは2021年に減速

米国では、ディスプレイ付きスマートスピーカの出荷台数が、2021年第2四半期は前四半期比で48%減少し、前年同期比で1.9%減少しました、しかし、2021年第1四半期と2020年第1四半期を比較すると、ディスプレイを搭載したスマートスピーカの出荷台数は約67%増加しています

そのため、今回の減速は、消費者の関心の低下を示すものではなく、パンデミック時に起きたディスプレイ付きスピーカーの急成長に対する市場の補正である可能性があります

しかし、Omdiaは、Google Nest Hub (2nd Generation)のようなユニークな機能を持つ新モデルが市場に出てくれば、ディスプレイ付きのスマートスピーカーは今後も増加すると予想しています

スポンサーリンク

減速は避けられない

スマートスピーカー市場はここ数年一貫して成長を続けていますが、米国での普及率が60%に近づいていることを考えると、成長の鈍化は避けられません、しかし、この分野ではブランドが特に革新的であり、新しいデザインを市場に提供することで、付加価値を高めています

それにもかかわらず、Omdiaは、既存のスマートスピーカに追加したり置き換えたりする家庭の数が増え続けると考えており、2025年以降、家庭への普及は減少し始める可能性があります

(Via Mac Daily News.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)