Apple、新しいフィットネスセンサーの健康データを処理するためチップの開発を強化

Apple、新しいフィットネスセンサーの健康データを処理するためチップの開発を強化

CNBCは、Appleからの最近の求人情報と将来の製品の意味を強調する新しいレポートを発表しています

AppleのHealth Sensingハードウェアチームの7月10日付けの求人情報によれば、センサーASICの設計者は、将来のアップル製品向けに新しいセンサーやセンシングシステム用のASICを開発するのを募集しています

センサーが何を測定するのかははっきりしていませんが、身体からの情報と思われます
8月1日の記事によると、チームは、「健康、健康、およびフィットネスセンサを開発するのに役立つ」エンジニアを雇うことを望んでいると言います

6月の求人一覧には、チームが光学式センサーで作業を続けようとしていたことが示されています、現在入手可能なアップルウォッチは、心拍数を測定できる光センサーを備えています

最新のWatchには、Broadcomのカスタム検出アプリケーション固有の集積回路(ASIC)と呼ばれる部品が含まれています

一般に、これらの特殊チップは、深さと距離のようなものからセンサーから出てくるコンピューティング情報を処理することを目的としています、そうすれば、製品の主要なチップはより効率的に動作することができます

そうすれば、製品の主要なチップはより効率的に動作することができます、Appleは新しいタイプのセンサーでデバイスのバッテリ寿命と性能を向上させることができます

スポンサーリンク


独自のチップを開発することは、新しいセンサーの開発を目指して、アップルがサードパーティの健康開発者から知的財産を保護する手段となるかもしれません

iPhoneやApple WatchなどのApple製品には、ヘルスモニタリング機能が含まれています、これまでの同社の関心分野には、健康モニターBedditの買収により、運動、心臓の健康状態、睡眠の質が含まれています

CNBCはこれまで、いわゆる「バイオメディカル至高の目標(連続的および非侵襲的な血糖モニタリング)」にも取り組んでいると報告しています。

健康専門家は、Appleがそれをやってのけることが出来れば、数百万人の糖尿病患者にとって大きな進歩となるだろうと述べてます

また、Appleのチップは、将来のものではなく現在の医療用センサーに関連していることも可能です、例えば心房細動のような疾患の兆候を検出するために心拍数の監視は、より連続的に監視を通じて改善されます

Appleは11月下旬に、Apple Watchが潜在的な異常を拾うために心臓のリズムを正確に測定できるかどうかを調べる心臓研究計画を発表しました

(Via CNBC.)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で酔いどれをフォローしよう!










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)