Apple,Apple TV 4KをA15 Bionicチップ、HDR 10+、低価格でアップデート

Apple,Apple TV 4KをA15 Bionicチップ、HDR 10+、低価格でアップデート

本日、Appleはプレスリリースを発表し、Apple TV 4Kのアップデートを発表しました

このモデルは、ストレージ容量とネットワーク接続性が異なる2種類の構成となっています、Apple TV HDはAppleのオンラインストアでは購入できなくなっています

Apple TV 4KはA15 Bionicチップを搭載し、tvOS 16の一部であるHDR+をサポートするようにアップデートされました

基本構成は19,800円で、64GBのストレージを備え、Wi-Fiのみに対応します、もうひとつのモデルはギガビットEthernetを追加し、128GBのストレージを23,800円です

Apple TV 4K 2022 002

最上位機種のApple TV 4KはThreadネットワーク接続に対応しているため、Matterデバイスのスマートホームハブとしても機能します

Appleは次のように述べています

CPUパフォーマンスは前世代より最大50%高速化され、応答性の向上、ナビゲーションの高速化、UIアニメーションの高速化を実現しています
GPUパフォーマンスは前世代より最大30%高速化され、よりスムーズなゲームプレイが可能になりました

スポンサーリンク


Apple TV 4K 2022 003

Siri Remoteは、前モデルのLightningポートの代わりにUSB-C充電が追加された以外は、ほとんど変化は在りません、Siri RemoteはApple TVに同梱されていますが、9,380円で別途購入できます

A15 Bionicが可能にしたよりきびきびしたUIにもかかわらず、全体的にはApple TV 4Kへの変更はかなりマイナーなものです、Apple TVでゲームをたくさんプレイしてストレージの限界に達していない限り、ほとんどの人が前世代のApple TV 4Kからアップグレードする正当な理由は見当たらないでしょう

これまでにApple TV HDを持っていて、4Kテレビの購入を計画している人は、新モデルを購入することで多少の費用を節約でき、いくつかの新しい特典が得られます

イーサネットが高価な構成でしか利用できないのは残念ですが、それもおそらくベースモデルのコストを下げた理由の一つだろうし、ほとんどの人はApple TVをWiFiで接続しているはずです

新しいApple TV 4Kは現在予約注文を受け付けており、米国を含む30カ国で配送日は11月4日となっています

(Via Apple.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)