Apple TV+、トム・ハンクス主演のSF映画『Finch』を落札

Apple TV+、トム・ハンクス主演のSF映画『Finch』を落札

この作品は、Amblin Entertainmentが制作したSF映画で、以前は「Bios」というタイトルで、当初はUniversalからリリースされる予定でした

この作品は、Apple TV+で今年後半にリリースされる予定で、賞レースのシーズンになると思われますが、少なくとも劇場での公開も視野に入れています

Finch

本作の監督は、「Game of Thrones」の最も野心的なエピソードを手がけたミゲル・サポクニックで、シーズン6の「Battle of the Bastards」エピソードでは、同番組における2つのエミー賞のうち1つを受賞しています

エグゼクティブ・プロデューサーには、ロバート・ゼメキス、ラック、サポクニック、アンディ・バーマン、アダム・メリムスが名を連ねています

スポンサーリンク


「Finch」では、男性とロボットと犬が思いがけない家族を形成します

男性は、自分が死んだ後、愛する犬の仲間が世話をしてもらえるようにしようとします、ハンクスが演じるFinchは、ロボット工学の技術者であり、世界を荒廃させた大規模な太陽の大変動の数少ない生存者の一人です

3人は荒涼としたアメリカ西部への危険な旅に出て、Finchは自分の創造物に生きていることの喜びと素晴らしさを伝えようと努力します

本作は、ソニー・ピクチャーズから第二次世界大戦のスリラー映画『グレイハウンド』を買収し、Apple TV+で最も視聴された作品として高い評価を受け、アカデミー賞にもノミネートされたトム・ハンクスの作品としては、Apple Original Filmsにとって2本目のメジャー作品となります

(Via Deadline.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)