Mini-LEDディスプレイの生産歩留りが今年後半に刷新されるMacBook Proモデル向けに改善

Mini-LEDディスプレイの生産歩留りが今年後半に刷新されるMacBook Proモデル向けに改善

AppleのサプライヤーTSMTは、新たに発表された12.9インチの 「iPad Pro」 に搭載される小型LEDディスプレイの製造に携わってきた主要ベンダーです

TSMTは、近く発売される14インチおよび16インチの新型MacBook Proに搭載される小型LEDディスプレイの製造に関する技術的課題に対処することに成功しました

DigiTimesが報じているように、TSMTは当初、次期MacBook ProモデルのMini-LEDディスプレイに搭載される回路基板や接着剤の製造上の制約に直面していました、しかし、TSMTは技術を調整した後、生産歩留りを95%以上に引き上げました

情報筋によると、TSMTは、最近発売された12.9インチのiPad Pro用Mini-LEDバックライトのSMTサービスを独占的に提供しており、今後発売される2つのMini-LEDバックライト搭載MacBookモデルでも同様のサービスを提供する予定だと言います

スポンサーリンク

再設計された14インチと16インチの「MacBook Pro」モデルは、次世代のApple Siliconチップ、 「Touch Bar」の削除、電源ケーブル「MagSafe」の復活、HDMIポートとSDカードスロットを備えた全体的に新しいデザインを搭載すると予想されています

11月にM1チップが発表されて以来、ハイエンドのプロ顧客をターゲットにしたこれらの新型MacBook Proへの期待は高まっています

次のチップは、M1XまたはM2のブランディングを搭載する可能性があり、パフォーマンスが大幅に向上し、エネルギー効率が大幅に向上することが期待されます

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)