Apple TV+は前四半期、米国での市場シェアは3%にとどまる

Apple TV+は前四半期、米国での市場シェアは3%にとどまる

Appleはストリーミングサービス「Apple TV+」のために新しい映画や番組に投資してきましたが、このプラットフォームが大成功を収めるにはまだほど遠いと言えます

JustWatchの新しい調査によると、Apple TV+の米国における2020年第4四半期の市場シェアはわずか3%にとどまり、NetflixやDisney+、さらにはPeacockといった競合他社に大きく後れを取っていることが明らかになりました

動画プラットフォームのストリーミングガイダンスと分析を提供するJustWatchは本日、米国におけるストリーミングサービスの市場シェアに関する調査結果を公開しています

この調査は、2020年の最終四半期に収集されたデータに基づいており、国内で利用可能な最も人気のあるプラットフォームを考慮しています

pple TV +は、昨年7月に導入されたNBCUniversalのストリーミングサービスであるPeacockにさえ遅れをとっています、これは、四半期中に6%の市場シェアを記録しました

スポンサーリンク


米国のストリーミング・プラットフォームの市場シェアは、Netflixが31%で引き続きトップですが、Amazonプライム・ビデオが22%と成長を続けていて、次いでHuluが14%、Disney+が13%と続き、HBO Maxが9%の市場シェアを獲得しています
JustWatch 00001
Peacock、HBO Max、Disney+はいずれもApple TV+の後にスタートしています、Apple TV+はオリジナルの映画や番組しかないため、競合他社に比べてカタログの少なさが際立っています

Appleは先週、すでに1年間の無料トライアルを受けている加入者にApple TV+のトライアル期間を延長しています、これらのユーザーはこれまでは2月で特典が終了するとされていましたが、今回の特典では2021年7月まで無料で利用することができるようになります

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)