Apple、企業向け「Joint Venture」プログラムを2021年2月22日で終了

Apple、企業向け「Joint Venture」プログラムを2021年2月22日で終了

Appleは今週、同社の「Joint Venture」プログラムが2021年2月22日で終了することを発表しました

MacRumorsの読者Benが公開した電子メールによると、既存のメンバーは2021年2月22日まで同プログラムに引き続き完全にアクセスできます

2011年に開始されたこのジョイントベンチャープログラムは、Mac、iPhone、またはiPadを購入した企業顧客に、優先的な技術サポート、Apple製品およびサービスに関するトレーニング、および最大5台のAppleシステムのセットアップ支援を提供しました

プログラムの年会費は499ドルからで、追加システムはそれぞれ99ドルでカバーすることができました

Joint Ventureは、標準的なGenius Barの予約やAppleCareの電話サポートよりも優れたサポートとサービスを必要とする中小企業向けのITアウトソーシングサービスを提供していました

スポンサーリンク


幸いなことに、AppleCare Help Desk Supportを購入することで、Appleのハードウェアとソフトウェアのサポートを2名の担当者が無制限に受けられる「AppleCare Help Desk Support」を年間499ドル(税別 59,800円)で購入し、優先的に技術サポートを受けることができます

Joint Venture 00002

Appleによると、既存のジョイントベンチャーの顧客は、メンバーシップの残りの部分について日割り計算による返金を受けることができるとのことです

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)