Appleの最近のクラウド採用は、インフラストラクチャへの大規模な投資を示唆している

Appleの最近のクラウド採用は、インフラストラクチャへの大規模な投資を示唆している

Protocolが報じているように、Appleはクラウドコンピューティングの分野で注目すべきエンジニアを密かに採用しており、人々が注目し始めています

このレポートでは、Appleが独自のインフラ技術でAmazon、Microsoft、Googleに対抗しようとしているのではないかと考えています

ここ数ヶ月の間に、Appleはクラウドコンピューティングの採用活動を行っており、さまざまな最新技術、特にコンテナとKubernetesの分野で活躍する著名なソフトウェアエンジニアを数人獲得しています

その報告書は、次のような人材が採用されています

Michael Crosby氏は、今年Appleに入社する数名の元Dockerエンジニアの1人です、「Michaelは、今日存在するコンテナに感謝できる人です、彼はすべての背後にいる強力なエンジニアでした」と匿名を希望した元同僚は語っています

スポンサーリンク


Arun Gupta氏は2月にAWSからAppleに加わり、現在はAppleのオープンソース活動を主導しています

AWS Fargateのようなマネージドコンテナサービスで働いていた元AWS社員のMaksym Pavlenko氏

Francesc Campoyは元Google社員で、AppleのKubernetesを担当します、Appleが何を考えているのかは完全には明らかではないが、社内のソフトウェア開発チームのために新しいツールを構築している最中だといいます

Appleは新規採用の計画についてコメントを避けています

AppleはiCloudとそれに付随するすべてのサービスによってクラウドで大きな存在感を示していますが、同社のクラウドインフラストラクチャはGoogle、Amazon、Microsoftなどの他社に後れを取っています

同社は数年前にこの分野への戦略的な投資を開始したことが報告書で強調されています

2018年後半、Appleは、アイオワ州の既存のデータセンターに加えて、今後五年間で100億ドルをデータセンター建設に投資する計画を発表しました、昨年の時点で、AppleはAWSの最大の顧客の1社であり、Googleともクラウドコンピューティングに関する契約を結んでいます

(Via iMore.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)