トム・ハンクスは、Apple TV+での「グレイハウンド」の公開を「とても悲嘆」 している

トム・ハンクスは、Apple TV+での「グレイハウンド」の公開を「とても悲嘆」 している

トム・ハンクスが、第二次世界大戦の新作映画『グレイハウンド』についてのインタビューで、Appleの上層部について、あまり良くないコメントをいくつかしました

映画館で公開されるはずだったこの映画は、コロナウイルスの大流行のために中止されました、その代わり、Apple TVで放映され、7月10日に公開されます

The Guardian紙のインタビューでHanks氏は、Apple TV+への移行について、「胸が張り裂ける思いだ」と説明している

はっきり言って、Hanks氏は反Appleではありません、しかし、彼が演じ、製作し、脚本を書いた「グレイハウンド」が、大きなスクリーンで見られるべきだったという事実については、彼ははっきりしており、「Appleのお偉方を怒らせるつもりはありませんが、画質と音質に違いがあります」と述べています

Appleはこの映画の配給権を5月に7,000万ドルで購入ししました、この映画は今週金曜日にApple TV+で公開され、3月の「ザ・バンカー」 に続いて2作目となります

(Via Cult of Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)