iPhone 13 Proには、Touch ID、マイクロLEDディスプレイ、および逆充電機能が搭載の可能性、Pro Maxはノッチレス

iPhone 13 Proには、Touch ID、マイクロLEDディスプレイ、および逆充電機能が搭載の可能性、Pro Maxはノッチレス

リーカーのApple RUMORs(@a_rumors0000)氏が、来年のiPhone 13とiPhone 13 Pro Maxに関する情報を公開しました

まず、@a_rumors0000によると、iPhone 13 Proでは、現在iPhone 11 Proに搭載されているOLEDディスプレイの代わりに、新しいマイクロLEDディスプレイが採用されるとのことです

マイクロLEDは一般的にOLEDに比べて輝度が高く、消費電力を抑えることができる可能性があります

また、iPhone 13 Proには全く新しいカメラシステムが搭載される予定だというが、この新しいカメラシステムの詳細は明らかにされていません

彼がツイートと一緒に添付したコンセプト画像を見ると、カメラシステムは非常に鮮明、iPhone 13 Proには、3つのカメラ、1つのフラッシュユニット、そしてLiDARセンサーと思われるものが搭載されるようです

多くの情報筋は、Appleが2020年モデルのiPad Proから今年のiPhone 12 ProにLiDARセンサーを搭載するのではないかと示唆していましたが、最近になって一部の情報筋は、そのようなことはないだろうと述べています

もしこれが本当で、LiDARセンサーが今年のiPhoneには到着しないのであれば、iPhone 13 ProにLiDARセンサーが搭載される可能性があること意味しています

スポンサーリンク


次に、 @a_rumors0000は、iPhone 13 ProはインディスプレイのTouch IDを取得することになると言います

これと並行して、@a_rumors 0000によると、iPhone 13モデルはAppleのカスタムCPUの新バージョンであるA15チップを使用する予定であり、そのサイズは5nmだという。これにより、A15はiPhone 11シリーズに搭載されている現行の7nmの 「A13 Bionic」 チップよりも2nm小さくなります

また、iPhone 13 Proには「PowerDrop」と呼ばれる新機能が搭載されるといいます、「PowerDrop」 はおそらくAppleの逆充電のマーケティング名です

もし「PowerDrop」が他のiPhoneで動作するように設計されているなら、これはiPhone 13を使って別のiPhone 13を充電する可能性があることを意味します、あるいは、Appleは「PowerDrop」がApple WatchやAirPodsを充電するようにすることもできます

スポンサーリンク


おそらく最も興味深いのは、@a_rumors 0000がハイエンドのiPhone 13 Pro Maxに関する詳細を公開していることです

彼は、前述のすべての新機能に加えて、iPhone 13 Pro Maxはノッチなしの全く新しい全画面デザインを得るだろうと述べています、この新しい全画面ノートレスディスプレイは、iPhone 13 Pro Max専用です

@a_rumors 0000は、この情報に基づいて彼が作成したコンセプトを公開しており、iPhone 13 Pro Maxがどのように見えるかを示しています

Phone 13 Pro Maxは端末の縁を囲むベゼルを持ち、上部にはスピーカー用の筐体と、おそらくFace IDセンサーの小型版があります

(Via Apple Informed.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)