コロナウイルスが流行が拡大する中、「Disney+」のサブスクリプションが急増、「Apple TV+」は?

コロナウイルスが流行が拡大する中、「Disney+」のサブスクリプションが急増、「Apple TV+」は?

コロナウイルスのパンデミックが広がる中、アメリカではは数週間(または数ヶ月)を屋内で過ごすことに備え、追加のストリーミングサービスの契約していますが、その中で最も人気のある選択肢は「Disney+」だと証明されました

ストリーミング分析会社AntennaがForbesに提供したデータによると、2020年3月14日土曜日と2020年3月16日月曜日の間に「Disney+」に登録した人の数は、先週の同じ期間と比べて3倍以上に増加しました

全国の学校閉鎖と重なったこの期間は、2020年に家族向けの「Disney+」が最大の増加を記録しました

COVID Disney 00001 z

スポンサーリンク


Antennaの共同創設者でCEOのRameez Tase氏によると、この傾向はオプトイン方式の消費者向けパネルから収集したデータから観察されたものだと述べています

HBO NowやShowtimeなどのプレミアムストリーミングサービスもこの三日間で急上昇(それぞれ90%と78%)を記録しましたが、このデータには無料トライアルも含まれており、これらのサービスはNetflixやDisney+よりも解約率が高い傾向があります

COVID Disney 00002 z

Netflixは加入者数の増加率が47%と控えめですが、米国ですでに6,100万人の有料会員権を持つストリーミング大手にとっては、これはまだ堅実な後押しとなっています

ただ、注目に値するのは「Apple TV+」は、「Disney +」を含む他のどのサービスよりも3月7日から3月9日の間に新しいサブスクリプションを獲得していることがわかります

番組のラインナップからみて、子供向けが少ないことが要因になっているのかもしれません?

また、生活が正常に戻ったときに、解約率が急上昇するものと考えられるので、どのように会員数に影響が出るのかにも注意が必要です











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)