Apple TV+、新型コロナウィルスの影響で撮影を一時的に中断

Apple TV+、新型コロナウィルスの影響で撮影を一時的に中断

レポートによるとAppleは、「The Morning Show」と「Foundation」、「See」、「Lisey’s Story」、「Servant」と「For All Mankind」など、外部スタジオが管理するプロジェクトでの撮影をすべて停止しています

Apple TV +のオリジナルの大部分と思われるものの撮影を停止する決定は、COVID-19の拡散に対する世界的な懸念の中で生じていると、The Hollywood Reporterは報告しています

Skydance Televisionとともに、Appleはアイルランドで「Foundation」の撮影が一時的に中断されたと発表しました

「The Morning Show」の第2シーズンでAppleと協力しているMedia Resは、木曜日に同様の発表を行い、状況を見極めるために撮影を2週間中断していると述べました

「The Morning Show」はハリウッドのソニーのスタジオで撮影されています

The Hollywood Reporterによると、Appleに加えて、多くの主要な制作、配信、放送会社がCOVID-19のために撮影の中断やスケジュールを急いでいます

Appleとそのパートナーも、ウイルスがどれほど速く広がっているかを考えると数ヶ月かかる可能性がありますが、撮影がいつ再開されるかについては議論していません

(Via Apple Insider.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)