Apple、コロナウイルスの懸念からApple TV+ のオリジナルを初演する予定のSXSW 2020から撤退

Apple、コロナウイルスの懸念からApple TV+ のオリジナルを初演する予定のSXSW 2020から撤退

新型コロナウイルス(COVID-19)の拡散に対する懸念が高まっているため、AppleはSXSW 2020フェスティバルに参加しないことを、Varietyが確認したと報告しています

Appleは、2020 SXSW Film Festivalで3つの新しいApple TV+ のオリジナルを初演する予定でした

また、DocuseriesのクリエイターであるKumail NanjianiとEmily V. GordonとAppleの「Little America」のディスカッションを開催する予定でしたが、それらは現在キャンセルされています

Appleは、Amazon Studios、Facebook、Twitter、TikTok、Mashable、Intel など、今年のSXSWから撤退した他の企業に加わりました

SXSWの主催者は、テキサス州オースティンで開催される毎年恒例の音楽、テクノロジー、エンターテイメントフェスティバルは3月13日から22日まで継続すると述べています

SXSWでのAppleのイベントには、Spike Jonzeの「Beastie Boys Story」の世界初演が含まれていました

これは、バンドメンバーのMike DiamondとAdam Horovitzをフィーチャーしたドキュメンタリー映画です

(Via Variety.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)