低価格iPhoneのロジックボードの出荷が第2四半期に延期される

低価格iPhoneのロジックボードの出荷が第2四半期に延期される

Appleは、新型コロナウィルスの発生によって引き起こされた遅延によって、噂されていた低価格iPhoenのサプライヤーからのロジックボードの出荷が第2四半期に延期になったと、報告されています

コロナウイルスの継続的な拡散は、Appleのサプライチェーン全体に大きな問題を引き起こしていますが、サプライヤはウイルスが生産に与える影響を緩和しようと懸命に努力しています

努力にもかかわらず、医学的な緊急事態は、低価格iPhoneなど、Appleの発売スケジュールにまだいくつかの問題を引き起こしているようです

スポンサーリンク


DigiTimesのサプライチェーンソースからの最新のレポートでは、台湾を拠点とするフレキシブルPCB生産者は、Appleからの低価格iPhoneコンポーネントの出荷が第1四半期と第2四半期で異なることが明らかになっています

一方、台湾でのFlexium Interconnectの生産は、「Appleからの要求に応じて、いつでも大量出荷を行う準備ができている」と、情報筋は述べています

出荷の遅れがAppleの新しい低価格iPhoneの発売に影響を与えるかどうかは不明ですが、COVID-19の効果は既存の生産スケジュールの維持を難しくするのに十分であると考えられています

3月4日、低価格iPhoneのLCDプロデューサーは、量産に入る前にコンポーネントの最終検証を行っていたと伝えられています

(Via appleinsider.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)