Apple、Apple TV+作品「SEE 暗闇の世界」の作成に関する特集を公開

Apple、Apple TV+作品「SEE 暗闇の世界」の作成に関する特集を公開

SEE 暗闇の世界

Appleは、Apple TV+作品「SEE 暗闇の世界」の背後にある世界がどのように作成されたかについて、舞台裏の様子を公開しました

「SEE 暗闇の世界」は、世界の大部分がウイルスによって一掃されており、生存者はすべて盲目である黙示録的な設定を特徴としています

その光景は神話化し、2人の子供がその能力を持って生まれるが、話すのは禁じられています

ビデオには、シリーズを監督したFrancis Lawrence氏が登場し、「SEE 暗闇の世界」の建物と環境がどのように構築されたかについて語っています

「SEE 暗闇の世界」のクルーには、建物の建設方法から人々の生活と交流の方法に至るまでのすべてを指導する盲人のアドバイザーのチームがいました

「SEE 暗闇の世界」は現在、エピソード 1の「神炎」「瓶の中の伝言」「新しい血」の3本が公開されています











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)