Sonyの注目のディスプレイ技術がAppleのイノベーションと融合、Vision Proの詳細解説

Sonyの注目のディスプレイ技術がAppleのイノベーションと融合、Vision Proの詳細解説

2023年のWorldwide Developers Conferenceでは、Appleは今後のAR/VRヘッドセットであるApple Vision Proのディスプレイ技術の優位性を強調しましたが、実はSonyは2022年からその技術を宣伝していました

Appleはこのヘッドセットに非常に高解像度のディスプレイを搭載する予定であり、各眼には4Kディスプレイが1つずつ使われます、同社によれば、micro-OLED技術のおかげで、それぞれのディスプレイに2,300万画素が詰め込まれます

これらのディスプレイは高ダイナミックレンジと広色域にも対応しており、鮮明なレンズを備えているため、ユーザーは最もクリアな画像を見ることができます、さらに、Vision Proのディスプレイは、単一のiPhoneのピクセル1つが占めるスペースに64ピクセルを収めることができると自慢しています

このデモンストレーションでの解像度は重要な話題ですが、同社は同じくらいレイテンシー(遅延時間)も重要だと述べています、そのため、Sonyは処理時間を0.01秒以下に抑えるように努めました


通常、この解像度の処理には約0.1秒かかるとSonyは言っていますが、VRヘッドセットを使用する際にめまいを感じさせないようにするため、センサーデータとレイテンシー補償技術を組み合わせる必要がありました

その結果、VRヘッドセットは画像をユーザーの頭の位置に合わせて変換し、その前に表示されます
複数のセンサーからのデータを統合することで、システム全体のレイテンシーを減らすことにより、処理時間を短縮しました。VRで視聴する人は、自分の頭の動きに応じて高精細な画像をリアルタイムで体験できます。素材の質感や人の表情も視聴者の頭の動きに基づいて高精細かつリアルタイムに表現できるため、OLEDマイクロディスプレイは産業用途だけでなく、エンターテイメント分野でも使用されることが期待されています

Apple Vision Proヘッドセットは、さまざまな技術で満ちていることは驚くべきことではありません、価格も3,499ドルとなっており、それだけの価値があるものです


このヘッドセットに搭載された非常に鮮明なディスプレイは、一部の人々が家庭の伝統的なテレビの時代の終焉を予想する理由の一つです、しかし、それが本当に起こるかどうかはまだわかりません

SonyはVision Proで使用されるディスプレイ技術に期待しているかもしれないが、製造に関してはAppleの要求には柔軟に応じるつもりはありません

(Via Apple Insider.)







LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)