Apple、Safariの翻訳機能をドイツとブラジルに展開、日本は?

Apple、Safariの翻訳機能をドイツとブラジルに展開、日本は?

Appleは今年、独自のトランスレータを発表しましが、それはiPhone上のスタンドアロンアプリとして、またiOS 14 macOS Big SurユーザーのためのSafariのビルトイン機能としても提供されます

翻訳アプリは11の言語に対応していますが、内蔵のSafari翻訳は一部の地域に限られています

何らかの理由で、翻訳アプリがサポートするすべての国でSafari翻訳が利用できるわけではありませんでした、幸運なことに、異なる国の複数のユーザーが、Safari翻訳が有効になったと報告しているので、本日のiOS 14.2アップデートで変更された可能性があります

ブラジルやドイツなどの国の9to5Mac読者の中には、Safariで翻訳オプションが使えるようになったと報告した人もいて、これは間違いなく今日変更されたことになります

システムリージョンをブラジルに設定したデバイスでも、Safariの翻訳オプションが動作するようになったことを確認することができました

スポンサーリンク


ユーザーからの報告によると、AppleはiOS 14.1ではもちろん、最近リリースされたiOS 14.2でも動作しているため、リモートで翻訳オプションを有効にしています、macOS Big Sur betaやRelease Candidateでも同様です

他の国でも、翻訳機能が数日中に展開される可能性があります

この機能を使えば、自分以外の言語で書かれたウェブページのテキストを素早く翻訳することができます

Safariの翻訳を翻訳アプリと混同しないでください

iOS 14を搭載したAppleは、テキストと音声の翻訳をスタンドアロンの翻訳アプリも導入しました

このシステムは、アラビア語、中国語、英語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、日本語、韓国語、ポルトガル語、ロシア語、スペイン語の間で翻訳することができます

(Via 9to5Mac.)

iOS 14.2へアップデートしたのですが残念ながら、日本では未だSafariの翻訳機能は利用できません、このオプションを利用するアイコンが、これまでの「Aa」から「小大」へと変更になっています
Safari Translate 00001











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)