macOS Big Sur beta 4のSafariが4K YouTubeビデオストリームをサポート

macOS Big Sur beta 4のSafariが4K YouTubeビデオストリームをサポート

Appleは本日、「macOS Big Sur Developer beta 4 (20A5343i)」を開発者にリリースしています

iOS 14とtvOS 14はYouTubeでの4K動画再生を初めてサポートした。macOS Big Surの開発者向けベータ第4版が今日リリースされ、MacユーザーはようやくmacOS Big SurのSafariを使ってYouTubeで4 K動画を見ることができるようになりました

YouTubeで4K動画を再生できるのはMacユーザーにとっては初めてのことではありませんが、Safariを使ってこれらの動画を再生できるのは今回が初めてで、これまでは、YouTubeで4 Kに対応したGoogle Chromeなどのブラウザを使用する必要がありました

macOS Big Sur beta 4から、ユーザーはSafariでYouTubeにアクセスするだけで、720pや1080pの代わりに4 K解像度で動画を視聴できるようになります

スポンサーリンク


これまでSafariでYouTubeの4Kコンテンツをストリーミングできなかったのは、AppleがGoogleのVP9コーデックをサポートしていなかったからで、Appleは、iOS 14、tvOS 14そして今度はmacOS Big Sur上でVP9コーデックのサポートを追加することを決定しました

VP9コーデックのサポートに加えて、Safari 14はWebP画像とHDRビデオもサポートしており、Netflixで4K HDRストリームが可能です、Appleはまた、macOS Big Sur上でWebExtension APIのサポートにも取り組んでいます

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)