Apple、うつ病に関する3年間の研究でUCLAと提携

Apple、うつ病に関する3年間の研究でUCLAと提携

UCLAのうつ病研究の参加者は、Apple WatchをiPhoneと組み合わせて着用し、うつ病の発見と治療に革命をもたらすことを最終目標としています

この研究は3年以上かけて行われる予定で、UCLAとAppleの研究者らによって共同設計されています

試験段階は今週開始され、UCLA Healthの患者から募集された150人の参加者が含まれます、主なフェーズは2021年に始まり、2023年まで続く予定で、UCLA Healthの患者とUCLAの学生団体から3,000人の参加が含まれます

この調査では、iPhoneやApple WatchといったAppleの技術に加え、Bedditの睡眠モニタリングデバイスを利用する予定です

この研究では、睡眠、身体活動、心拍数、日常の生活習慣などの要因がうつ病や不安にどのように影響するかを測定します

スポンサーリンク

「睡眠の専門知識を身につけた神経科学者として、私はこの共同研究に非常に興奮しており、メンタルヘルス研究の大きな進歩につながることを期待している」とUCLAのGene Block学長は述べました

Appleが過去に実施した心臓の健康に関する研究と同様に、参加者はiPhoneに研究アプリをダウンロードする必要があります、調査期間中はApple WatchとBedditのスリープモニタが提供されます

(Via Apple Insider.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)