【Mac】Apple、Safari 14の新機能を搭載した「Safari Technology Preview Release 109」を開発者にリリース

【Mac】Apple、Safari 14の新機能を搭載した「Safari Technology Preview Release 109」を開発者にリリース

Safari Technology Preview Release 109

Appleは,「macOS 10.15」「macOS 10.14」に対応し、バグ修正とパフォーマンスの向上を実現した「Safari Technology Preview Release 109」を開発者にリリースしています

Safari Technology Preview 109 00001 z

以前のバージョンを使用している場合は「システム環境設定」の「ソフトウェア・アップデート」で

新たにはDeveloperサイトよりダウンロードする必要が在ります

スポンサーリンク


「Safari Technology Preview」リリース109は、macOS Big Surに含まれる新しいSafari 14アップデートに基づいて構築された最初のバージョンです

Chrome、Firefox、Edgeからインポートされ、Xcode 12を使用して変換されたSafari Web Extensionsをサポートします、さらに、Intelligent Tracking Preventionがブロックしているトラッカーを示すプライバシーレポート機能を追加します

タブのプレビューが利用できるので、タブをプレビューして探しているタブを見つけることができます。また、タブはデフォルトでファビコンもサポートしています

Safari 14では、Adobe Flashはサポートされなくなりました

また、「Safari Technology Preview」は、iCloudキーチェーンに保存されたパスワードがデータ侵害の場合にユーザーに通知し、Touch IDを使用したWeb認証が実装され、外部FIDO2セキュリティキーでのPINエントリとアカウント選択もサポートされます

新しい「Safari Technology Preview」アップデートは、macOS Catalinaと「macOS Big Sur」で利用できます

Safari Technology Preview Release 109には、「Web API」「CSS」「Web Animations」「SVG」「IndexedDB」「Scrolling」「Layout」「Media」「WebRTC」「Back-forward Cache」「JavaScript」「Editing」「Accessibility」「Apple Pay」「Web Inspector」「Web Driver」に関して多くの新機能とバグの修正が在ります











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)