【Mac】Apple,起動直後にクラッシュする不具合を修正した「Safari Technology Preview Release 39a」を開発者にリリース

【Mac】Apple,起動直後にクラッシュする不具合を修正した「Safari Technology Preview Release 39a」を開発者にリリース

< まいど、酔いどれ( @yoidoreo )です。

Safari Technology Preview Release 39a



先日「Safari Technology Preview Release 39」をリリースしましたが起動直後にクラッシュする不具合が分かり、リリース直後に削除していました

Appleは,「macOS v10.13 beta」「macOS v10.12.5 or later 」に対応した「Safari Technology Preview Release 39a」を開発者にリリースしています

SafariTechnologyPreview39a 001



スポンサーリンク




以前のバージョンを使用している場合はMac App Storeでのソフトウェアアップデートで

新たにはDeveloperサイトよりダウンロードする必要が在ります

今回も「Beacon API」「Directory Upload」「Fetch API」「Input Events」「JavaScript」「WebAssembly」「WebRTC」「Web Inspector」「Media」に関して多くの新機能とバグの修正が在ります

MacOS High Sierraベータ版を使ってSafari 11を開発者が利用できるようになり、AppleはSafari Technology Previewの2つのバージョンを提供しています。 1つはmacOS Sierraユーザー用、もう1つはmacOS High Sierraを使用するユーザー向けです













LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)