Apple、macOS Catalinaユーザーに「FileVault」を有効にしてmacOS 12.3ベータ版をインストールすることを警告

Apple、macOS Catalinaユーザーに「FileVault」を有効にしてmacOS 12.3ベータ版をインストールすることを警告

Appleは、macOS Monterey 12.3ベータのリリースノートをアップデートし、macOS Catalinaのユーザーが、FileVaultを有効にした別のAPFSボリュームにmacOS 12.3またはmacOS 11.6.4ベータをインストールすると、起動ループの問題が発生する可能性があることを警告しています

Appleは、次のように説明しています

現在お使いのMacにmacOS Catalinaがインストールされている場合、FileVault対応のボリュームにmacOS Monterey 12.3 betaまたはmacOS Big Sur 11.6.4 betaをインストールすると、前のボリュームに再度ログインしようとしたときに起動ループが発生する可能性があります

macOS High Sierra以降を搭載したMacでは、macOSを別のAPFSボリュームにインストールし、ベータ版を含むmacOSのバージョンを、それぞれが別のディスクにあるかのように切り替えることが可能です

Appleがサポート文書「個別の APFS ボリュームに macOS をインストールする」で詳細を紹介しています

スポンサーリンク


Appleは今週初め、macOS Monterey 12.3の最初のベータ版をリリースし、主要な新機能としてユニバーサルコントロールを搭載しています。

macOS 12.3では、他にも新しい絵文字、DropboxやOneDriveで使用されているカーネル拡張の非推奨、Python 2.7の削除などが行われています

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)